たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

運命的すれ違い。(別タイトル:千載一遇を棒に振る。)

最初からいやに似ているとは思っていたんです。
商品の棚を挟んで斜め向かいから覗いている頭にふと気づいた時からそう思ってました。
髪型もすらっとしてるところも白い肌も。
偶然にもまた別のビルで見つけ、もう一度まじまじと見つめた時、
隣りにいる人物を見て、「そっくりさん」ではなく「ご本人」であることを知る…

…誰ってかおる姫だよかおる姫!!
で隣りにいたのはセッターの竹下選手!


一瞬にしてその事実に気づいた時、たぶは記憶も思考も吹っ飛んで、
喉の奥で「か、か、か、か…(かおる姫の"か"らしい)」と擦れた声を発するのみでした。
身体の横で小さく人差し指立てながら(いけません)。
「かおる姫や!」と言いたかったのか自粛してたんか…自粛です、多分。
でも頭にあったのは「かおる姫」のみで、「菅山さん」とか「竹下さん」なんて
出てくるような気配は全くなかったですよ。
「何?どうしてん?」何事も知らず超普通ペースで聞いてくる彼氏さんに、
「あの二人さっき行ったお店にもいて気になってたんだけど…」
「は?」
「ほら、さっき行ったお店の袋持ってるでしょ」
「あぁ」
「全日本女子バレーの…」
「あ、そうなん?でも片方めっさ小さいけど」
「名セッターだよ!!」
なんて受け答えしているうちに二人の背中はどんどん遠く…
はっ、要領を得ない彼氏さんに説明なんかしてないで、なんで話かけなかったんやろ…
はあぁとため息ついた瞬間、
「おまえアホやなーーそんな好きなら話かければ良かったのに」
「一人トイレ行ったっぽいからまだいるかもよ」
ってそんなん早く言えや!
未練いっぱいのたぶは一応トイレの階まで降りましたけど(爆)
しかし既に時遅しで。その後未練たらしくエスカレーターから階下を見下ろしたり
無駄にキョロキョロしたりしてました。
正直あんなに大泣きした『星になった少年』の感動も、この時限りは吹き飛びました。
その後、超久々に見に行った大好きなWRの服たちもあまり素敵に見えませんでした。
「おまえめっさ疲れた顔してるで」と彼氏さんに何回も言われました。
違います。これは落胆の顔です。
かれこれ1ヶ月近く応援し続けて毎日テレビで観てた人が
なんの偶然か運命か目の前に現れたのに、(まぁこれだけでも幸せだが)
そんなことはきっと一生に一度だろうに、たぶはそんな機会を、
ただ振り返る・見送る、という行為のみで済ませてしまったのだ。
私は彼女たちを失ったのだ。きっと永遠に…
そして私はこの先も、物凄いチャンスを手にしながら、
何もかもを失っていくのだろう…
ってセンチメンタルにも卑屈にもなるっつーーーねん!

因みに菅山さんはタンク+ジーンズ、
竹下さんはキャミ+カーデ+スカートというスタイルでした。
このお二方(宝来選手も)が所属するJT マーヴェラスは西宮市が練習拠点らしい。
しばらくは全日本メンバーは出てこないっぽいけど
公開練習もあるから観に行っちまおーかなああぁぁあああ(壊)
スポンサーサイト
  1. 2005/07/21(木) 20:55:09|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<恋舞。 | ホーム | 夢色眠繭。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sputniksweetheart.blog7.fc2.com/tb.php/73-1e3766fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。