たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夢色眠繭。

最近すごく眠いのです。
だいたい7時間半くらいで目が覚めて、いい頃合いやと思って起きるんやけど
起きるぞ、と思って起きたわりに頭も身体も全然起きてる感じがしない。
起きてトイレ行ってからの流れは、水を飲む→薬飲む→トーストを食べる、なんだが
水入れたコップを手に10分くらい何も考えずテーブルの前に座っていたり。
でもまぁなんとか朝ごはんまではクリアして、母さんがいる時は掃除なんかやってから
本読みながらうたたねするんだが、母さんが出かけてる時はひとしきり考えた後寝ます。
今日は2階のベッドまで行くのも億劫で、リビングのソファで寝てやった。
こういう時って、ほんとーーに眠いのに、意識は眠る寸前まであったりすんのね。
今日なんかソファの肘掛の部分に頭乗せてたのが
ぐぐぐーーって沈み込んでいって、脚もふわ~って上がって、
んでなんか無重力状態みたいな感覚に陥りました。
うぇ~気味悪っっってちょっと思いつつ眠さには逆らえませんでした。
それにちょっと心地よかったし。ほんとに眠りに落ちる瞬間だったのかも。

それとまた夢の話。昼寝じゃなくて夜寝てる時にみた夢の話。
昨夜は大友じゃなくてかおる姫が出てきて、ピアノを弾いてくれた。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/20(水) 02:16:41|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<運命的すれ違い。(別タイトル:千載一遇を棒に振る。) | ホーム | 夏日転寝。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sputniksweetheart.blog7.fc2.com/tb.php/72-fd9b2cd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。