たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

四苦八苦選択。(Comic Baton)

さあやさんから回ってきました。行くどーー!

Comic Baton

□Total volume of comic on my Bookshelf
(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
142冊でした。
やっぱ文学>漫画の人間なのでそれほどはまってる&集めてる感はないんだけど
思ってたより多いっす。


□Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
特にないかなぁ。でも、
『新世紀エヴァンゲリオン』/貞本義行・GAINAX
新世紀エヴァンゲリオン(9)
コレは違う意味で気になるね。いつ次巻が出るのか。いつ終わるのか。


□The last comic I bought (最後に買った漫画)

『いでじゅう!(12)』/モリタイシ
いでじゅう!(12)
TSUTAYAでもらったサンデーの見本版みたいなのでハマりました。
ゆる~い。でもちょっとシュール。でも青春。そんなバランスが凄いツボでのぅ。
流行る!と思って回りに薦めてみたが、理解者はさあやさんだけだった…
その代わりもんのすごいツボにきてるとお見受けしますが。
主人公の恋が実った代わりに、ちょめじ×さくちんの絡みはもう見れないんだね…☆(←青春)



□Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)


①『こどものおもちゃ』/小花美穂
こどものおもちゃ(10)
多分子供の頃一番最初にハマった漫画だったんじゃないのかなぁ…
『ママレードボーイ』も『セーラームーン』も一通り読むには読んだけど。
因みに矢沢あいは一つも読んだことがない。
ってかこんな毒ある漫画がなんでりぼんでオッケーやったんやろ。今更ながら。
まぁ暗く重い要素も含みつつ、主人公の紗南ちゃんが持ち前の明るさとひょうきんさで
あっけらかーーんと、でもしっかりと立ち向かってゆくのですな。
母ちゃんも頭にリス飼ってたしな。
シュールなんだけど軽いタッチなんです。
一回全巻揃えたが売ってしまった…また揃えたい。
 

②『ヒカルの碁』/ほったゆみ・小畑健・梅沢由香里
ヒカルの碁(23)
見所は伊角です。
技・精神ともに強く、髪型も変化し、顔も濃くなっていく伊角をどうか見てやって下さい。
でもファッションセンスは変わらないです。
そんな彼のファッションを取り入れようとしてた時期もありましたな、あっはっは。
アニメもおススメです。特に主題歌。  


③『Promise』/末次由紀

この人の作品はある時期まで前作揃えてました。
主人公が素直な頑張り屋さんで、男の子も純で…というちょっと時代遅れかもな
精白な感じが好きで。
読み切りで出てくる小物使いがうまいです。
表題作もすごいいいけど、『制服のイヴ』もすげーー好き。
これを読んで図書館の恋、というのに憧れたりもしましたが
うちの高校にはそもそも図書係というのがなかった orz
オイラ達見た目はおっさんやけど、意外にピュヤーやんね、さあやさん。
『君は僕の輝ける星』も北海道ですぜ。


④『少年少女ロマンス』/ジョージ朝倉

この人の作品もほぼ揃ってます。『平凡ポンチ』はおっぱいおっぱいで脱落。
この作品ははちゃめちゃなところが好き。
妄想姫と、好きなのに嫌がらせばっかしてしまうという小学生ばりの王子。
某ナルシストU大さんはこんな恋をするんだと疑わなかったたぶ。


⑤『封神演技』/藤崎竜
封神演技 完全版(1)
知らん間に新しい漫画始まってるし!明日買いに行こう…
この漫画はずーーっと前から伏線張ってあったりしてすごいです。
原作だと「仙人も千年に1度くらいは殺戮をしたくなるから」
というのが封神台の理由なのだけど、もはやオリジナルストーリー。
この人の描くSFっぽい漫画も好きです。初期の椎名誠みたいで。
ってか完全版の表紙画が美しすぎて欲しくなる…



□Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
いまてーーん。すまぬ。


ってか特に面白みのない王道ものばっかりですんまそん。
あと持ってるのは『I'll』と、『マリみて』の①があって、ハッとしましたです。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/15(金) 23:00:17|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<珈琲輪舞。 | ホーム | 擬似的ブルー。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sputniksweetheart.blog7.fc2.com/tb.php/65-17c48acc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。