たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原色不思議少女。

今日は昨日書いたとおり薬局に薬を取りに行く予定だったんですが
朝から雨っていうか激雨。
梅雨というか集中豪雨やんかあれ。
降り出して3分以内に全ての窓を閉めたけど
それでも幾つか窓辺に水溜りができてました。
布団もびっしょりです。

というわけで予定がなくなっちゃったので昼寝をしました。
そしたら夢を見ました。

なんかコメディドラマだと思うんだけど、
木村カエラが奥さん、TOKIOの長瀬が旦那さん、という設定で。
で、奥さんのカエラは不思議系お嬢さんな感じで。
ピンクのふわふわのソファーにロリポップな格好で
カエルのぬいぐるみ抱っこしながら座って、
旦那さんの長瀬に「あれがしてみたーい」だとか「こんなものが欲しーい」だとか
突拍子もないお願いをするわけですよ。
で旦那の長瀬もそんなカエラにぞっこん☆LOVE(爆)なもので
毎回四苦八苦しながらそのお願いを叶えるため奔走する。
雰囲気としては『ダーマ&グレッグ』みたいな感じかな。
『白鳥麗子でございます』POP版とか。
っていうかアレやアレ、『封神演戯』の"だっき"の妹、"こきび"や!
ふぁんしー☆な感じね。"こきび"登場のテーマソングみたいな感じで間違いない。

夢の中のたぶが観てた回ではカエラちゃんが「もう一度結婚式がしたい」と言い出して。
一度ちゃーんと豪勢にやってるハズなんだが
何で見たのか「お船の上で結婚式」というのをやってみたくなったらしい。
それでまたそのお船というのが一般的な豪華客船ではなく、
くじら型のバルーンボート(?)の巨大版。
(客船がくじらの外観をしていて、それがビニールでできてる感じ)
なかなか捨て切れなかった白イルカ型のとカエル型のもお供に連れて
カエラちゃん&長瀬は街の川から港に向けて凱旋します。
が、途中で運転が狂って脇の白イルカやカエルとぶつかってしまって
船体に穴が開き、空気が抜けて3隻とも沈んでしまう…というお話でした。
次回予告編もどんなんか忘れたけどカエラ&長瀬が
小気味良くボケ&突っ込みでやっててなんか楽しかっただす。
まぁしかし何しろくじら&白イルカ&カエルがずぶずぶぼこぼこ沈んでいくシーンが
緊迫感がない割りに笑うこともできず…
船体がビニールで、作りもちゃちぃからその様は
まるでお風呂のおもちゃが沈んで行ってるようなしょぼさやんねんけど
こう斜め上空を見つめるくじらやらカエルやら白イルカの
無表情な眼が変に生々しくて
そりゃもうシュールでシュールで。


因みにカエラさん出てきたときはそれほど惹かれませんでしたが
ビデオメッセージの終わりにすっげー適当に「さいならー」と言っていたのが
変にツボでした。
あの童顔で地声低めっていうのもなんだかイイ!
今度いっそCD借りてみよーー。


それからもう一つ、バイト先の社員から電話かかってきて出たのに
どんなに頑張っても声が出ない、という夢も見ました。
しんどかったです。



最近読んだ本:
『若い読者のための短編小説案内』/村上春樹
『質屋の女房』/安岡章太郎
『海と毒薬』/遠藤周作
若い読者のための短編小説案内質屋の女房海と毒薬
スポンサーサイト
  1. 2005/06/29(水) 17:44:11|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<木蔭の葉先にて。 | ホーム | 茜落陽と紫雲。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sputniksweetheart.blog7.fc2.com/tb.php/53-01a9a462
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。