たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

光の聖祭、白銀の舞。

少し前になるけど、ルミナリエと雪の日の写真を。

ルミナリエは神戸ウィングスタジアムに行った後、
中華街で時間潰しした後行ってみました。母さんと二人で。
ちゃんと行くのはかれこれ6年以上ぶりくらい。
1年前にも行こうとしたことがあるけど、
あまりの人の多さに無理ムリ!って途中で柵の外へと抜け出してしまったので…

今回は点灯間もなかったので、人もぎゅうぎゅうってほどでなくて、
ぽこぽこ空いてる隙間を狙って抜けて、母さんとすいすい。
おかげで感動の方が優った。
普段の自分なら人の多さに二度と行かない!と決心してしまってるとこなので
得したっす。


ruminarie1ruminarie2

ruminarie3ruminarie4

綺麗でしょー?携帯でここまで撮れるのに少し感動を覚えました。いやはや便利。
これでまた数年は行かなくて大丈夫かも(爆)


お次は日本中が真っ白に染まった大寒波の日。
地元は既にその数日前に十分白かったですが。
まぁ要するに激寒なこの地なんですが、おかげで毎年一回は雪が積もります。
異様に雪が好きなので、こんな日こそ写真写真!
今年は大雪に加えて携帯(今となってはデジカメ専用となったau)に
メモリカードも入ってたので、たくさんたくさん撮れました。
眩しがり屋なので雪が光を反射して眼が痛かったけど…
いやー便利。


snowview1snowview2snowview3
家の前の道路に、高台から見下ろした街に、裏山のダムへと続く道。
全部真っ白。
特にダムとその周りの景色なんか、軽く奥飛騨辺りのリゾート地かと思うほど。

station
で、これが地元の凄まじさを最も端的に表す一枚かと。
これ、駅の写真です。入ってきてるのはくるりの岸田も乗ったという某電車。
駅がこんなに谷底にある上に、自分の家はここよりさらにさらに登ったとこです。
説明するより一度来てみて、とよく言ってるのですがイメージできますでしょうか。
以前この駅を通過したした友人は、あんな上空に橋が!と驚愕したそうです。
(これはその橋の上から撮った写真)


branchlight holeice treefootprint
木の枝も、トンネルの出口からの景色も、夕焼けも、謎の足跡も、
みんな雪模様。


snow boysnow flower
少し疲れた雪だるまと、やっと頭を覗かせたパンジー。


viva
と、それらを食す趣のない犬(怒)!


to2006
それでは、今年も素敵な一年になりますように。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/01(日) 23:29:55|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<物思いの窓辺より。 | ホーム | あたらしい朝。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sputniksweetheart.blog7.fc2.com/tb.php/123-6d8af348
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。