たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

緩やかに落ちゆく日を。

silvia
不安定な天気が続くこの最中に、洗車しました。
ほんまやったらドライブでも行きたいくらいの
ぽかぽかあったかい、いいお日和やったのに。
でも、彼氏さんは車命。車がドロドロやとテンション下がるらしい。
今日は午後から雨だと言っても、これ以上車が傷むのは耐えられないらしい。
というわけで、普段送り迎えしてもらってる自分もお手伝い。
といっても水仕事は絶対に嫌なので、中の方とガラス拭きだけど。

しかし、このガラスが曲者で。
車体が低いため、フロントとバックのガラスはもの凄い角度。
外から拭くには問題はないのだけど、中から拭くのがかなり厄介で、
力がうまく入らず、かなりの力を必要としました。
腕の力なんか普段使わないので、筋肉がひぃひぃ言うてました。
けど、基本的にはA型なんで、めっちゃピカピカにしてやったよ。
綺麗になった車を見て、彼氏さんの笑顔もピカピカしておった。
…ほんとに車命なんだね。

オチとして、夕方にはしっかり雨が降ってきたわけです。
あぁあんなに根詰めて磨いたのに、やっぱり…と脱力する自分とは反対に、
これでえぇんや、しっかり洗ってワックスかけたから
車が浸食されることはないんや、と非常に満足げな彼氏さん。
…気持ち悪いですから!

でもぽかぽかした中屋外で身体を動かすのはそう悪くはなかった。
腕なんかに残る疲労感も結構爽快なもんである。

労働は美かな。

スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 15:47:51|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。