たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

白い吐息の季節。

冬がやってきたね。
冬がくると、ああ、冬がいちばん好きだ、と思う。
寒いのが苦手だから、普段は好きな季節として春か秋を挙げるのだけれど、
いったん冬になってしまえば、冬がもうだんとつで好き。
冬だ!と認知した瞬間、
できるだけたくさんの星を捉えようと首を思いっきり反らせて、
乳白の淡い帯が浮かぶことを期待しながら少し息を溜めてから吐き出す、
ということを無意識にやってしまう。
そして願うのは、雪。
窓を開けた瞬間の静謐と、漏らさざるをえない溜息ともつかない感嘆の声と、
鋭くも包み込むように肌を刺してくる冷気と、それから子供に還る自分と。
それらが訪れる一瞬を、今年も待ち焦がれているわけです。

冬は色々なものが際立つから好き。
街灯も星も、遠くの音も静かなのも、呼吸も、寒いのもあったかいのも、
いつもと彩りを殆ど変えることなく自然に存在感を少しだけ強く放つ。
指がかじかんで、自分の指がどこまでか、
淹れたてのお茶を飲んで、熱がどんな風に伝わっていくのか、
ということを認識する。
殆ど真っ暗になった街で、いつもと同じ自分ひとりだということがいやに際立つ。
ふわふわの毛並みを、いつもより丁寧に、いつもよりたくさん撫でてみたりする。

つまり、自分は鼻づまりで呼吸について改めて意識することはないけども、
冬を通して、色々なものを改めて噛みしめるわけだ。


ベタだけど今年はレミオロメンの「粉雪」という歌がいい。
ああいう風に、吹雪みたいに視界や思考を覆っていくような歌が、冬にはいい。
でも㍑であんなん流したら、毎週過剰に大泣きなんじゃないですか。


このテンプレと文字の配色も、雪みたいなのがいい、と思って
こんな感じにしたことをふと思い出した。
アップしそびれている写真はあまりにこの雰囲気にそぐわないものなので
下(過去)にアップしていこうかな…

それでは当分、このエントリーがトップページということで。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/17(木) 22:35:33|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

近況写真語り。

PCの中にヘボWILCOMの画像と、auから転送した画像がちょっとだけあったので、
日付捏造でアップします。
こんな場違いな写真をトップに置いておくのは忍びない。

playerground
最近こんなことをしています。意外とハマってます。


アダプターが手に入ったので幾つかくどめに追加。引かないように!


5gamba-boy


redsoguriground


jefground2marchmatsunami


trainingtraining2

  1. 2005/11/16(水) 18:36:55|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

卑猥噺とか。

すんげーほったらかしで申し訳ない。
でもこっちは卒論が完成するまで書く気なかったりする。
今日はこっちに写真だけアップしようと思ったんだけど、
デジカメ代わりに使ってるauの携帯から取り出すにはアダプターが必要で…
(たぶが使ってる初代WILCOMはカメラがショボすぎる)
アダプターがないのでアップできません、また後日(爆)

こっちにはある程度推敲した文を書きたいので(そんな高尚なもんではないが)
mixiの方に日々つれづれ書き殴り日記を書いております。
ほんとに書き殴っております。こちらとはかなり趣きが違います。


えーー、で日記っぽいこ(いや、そーでもない)とをちょっと書きますと。
BUMPの新曲の『supernova』の歌詞が引っかかるのです。
「鼻が詰まったりすると わかるんだ 今まで呼吸をしていたこと」
これを聴いて、あーーこれが普通の人の感覚なのね、と思い当たったのです。
たぶは温度差アレルギーなので、夏以外は(いや、一部夏でも)
殆ど常に鼻が詰まっております。
鼻水で鼻が詰まるんではなく、鼻の内側の粘膜が腫れるので、
気持ち悪くて気持ち悪くてうああぁあぁぁーーーーーっとなる。
で、常に「正常な呼吸がしたいしたい」「新鮮な空気が欲しい新鮮な空気」と
渇望しておるわけなのです。
それでたまに鼻が通ると嗚呼普通に呼吸ができるってすんばらしい、と思うのです。
まさに、「鼻が通ったりすると わかるんだ ほんとに鼻が詰まってたこと」
という感じなのです。
普通の人にとって、呼吸ってそんなにさりげないものなのね、と、
この曲を聴いて気づいてしまった。あーー。

この他にも、たぶにはありとあらゆるアレルギーがあります。
食物とか数値が出るものを避けていたら野菜しか食べるもんがありません。
…生きることを拒否しているとしか思えんこの体質をどうにかしてくれ。


昨日からグラチャン始まってますが、
ちえさんの日記にこんなコメントを寄せたことに関してふと思い出しました。
たぶのふともも(っていうかむしろスカートの中だよ、中)に触ってきた彼女は、
かおる姫にそっくしなんだよねーーー。
ここまで眼は大きくないかもやし、当の本人はギャル?お姉系?なので
化粧ばりばりなんやけども、素顔はもちろん、顔の骨格も似てるので
声までそっくりなんだす。
でもギャルでありながら裏の顔はおっさんでした。
他にも襲われたことが2度ほど…
たぶに萌えていたわけではないのは確かだが、性欲をぶつけやすい存在だったんだろか。
ある朝頬を紅潮させながら登校してきて、
「満員電車で後ろのおっさんにお尻触られたらなんかムラムラしてきて、
自分も前のお姉さんのお尻触ってやったー興奮したわーー」と
ムフーと鼻の穴広げながら得意げに自慢していたこともありました。
いやー世の中よくわからないよね。
かおる姫自身も見かけとは裏腹に全然「姫」じゃないらしいけどね。(自称「妖怪」)

久々で支離滅裂だぁね。
写真はまた今度。


あれから読んだ本:
『思考のレッスン』/丸谷才一
『東京奇譚集』/村上春樹
『砂の女』/安部公房
『ノルウェーの民話』/ペーター・クリステン アスビョルンセン/ヨーレン モー

読書も休止中です。卒論の資料は読んでるけども。
  1. 2005/11/15(火) 18:58:35|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。