たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

爪割れの法則。

なんか最近ボロボロ爪が欠ける。
ピアノ習ってたときの名残で爪は全然伸ばしてないんだけど
気がついたら二枚爪になってて、それが気がついたら欠けている、という感じ。
脚の中指の爪に至っては、ある一定の長さに達すると
(それも"長さ"って呼ぶほどのもんじゃなし)もろ、っと白い部分が自然に取れる。
脚の小指は外のほうが縦に割れてささむけ状になって、
靴下やら布団やらに引っ掛けて痛い。
究極やったのは脚の親指が二枚爪になった挙句に
内側の部分が綺麗に真ん中で割れた。なんじゃらほい。
ミネラルたっぷり超硬水のクトレックス飲んでたことがあったけど、
爪にいい影響を特には与えてくれませんでした。
超乾燥肌体質がこんなところにも現れてしまったのかしら。
どないしろ言うねん。とりあえずオリーブオイルとかでマッサージしてみるか。


この前ゲームボーイで「ヒカルの碁」やりました。
パズルばっかじゃ芸がないかなぁ、と最近ずっと囲碁がやりたかったんです。
プレステでは19路盤であかりちゃんに勝ったり負けたり、だったんだけど、
今回は9路盤でやってみたら快勝!筒井さんにも連勝してランクが上がった!
わーーい!!ヒカ碁繰り返して読むうちに強くなったのか。
それともただまだ19路盤レベルではないのか。まーいずれは19路盤でも勝ちたい。
ストーリーモードで囲碁教室に行くと、佐為が一緒に売ってくれるのが楽しい。
「○○に見せるための一局を打ちましょう」「石の流れを感じなさい」
とか言うからテンション上がるわ~~(爆)
「これは隅の地を固めるための三々ですね」「これがハネツギです」とか
ちゃんと説明してくれるし、次の一手を三択で示して考えさせてもくれるのだ。
「○○は飲み込みが早いですね。囲碁の才能があるようです」とか言われると
いずれは伊角?伊角!?ってもう小躍り状態ですよ、ハハ。
当分車の中は囲碁タイムです。


ってか来週から学校じゃ。卒論どうなるんやろ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/22(木) 11:48:12|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

幸せな肉球。

なんか、秋の蚊ってでかくありませんか。
そのせいか咬まれた痕もものすごくえげつなくないですか。
その上しぶとくないですか。目の前におるのになかなかしとめられない。
そうこうしてるうちに、「蚊がいる」という事実だけで物凄くかゆくなってくる。
でかいから怖さも相まってうがあぁ~~っと二階へ逃げたくなる。
今日も母さんにまかせて一人退散しようとしていたら、
すれ違いざまにふとうちのワンのほっぺに黒いものがついてるのが目に入り、
もしや…ひいぃ!!という恐ろしいほどの反射でばちーーん、というか
かなりの勢いで横手に払ってみたら、
やつの頬の上でたぶ&たぶ母の血を流している獲物が見えた。
ご飯前だったのでうちの呑気さんは眼をキラキラさせるばっかりで
どうってことないようだった。食欲恐るべし。

でもふと思うのです。別にあんくらいの血ならくれてやっても構わんのやけど、と。
でもあの痒さと羽音は勘弁。痒さと結びつくから羽音も嫌なんかもやけど。
とにかく、あの痒みがなかったら咬まれるのは構わないような気がする。


■最近読んだ本

『ふしぎな図書館』/村上 春樹 (著)・佐々木 マキ (イラスト)
なんか読んだことあるなぁーと思ったら昔の短編の改稿だそうです。
他の短編と一緒に読んだときは「小説」という感じがしたのに、
こうしてイラストと一緒に読んでみると「童話」という感じがするから不思議。
なんつか、現代版『グリム童話』みたいな。
それでいて春樹さんのエッセンスが詰まっているから嬉しい。

『女系家族<上・下>』/山崎豊子
ドラマ放映が終わったら読めるように買っておいたのですが。
ってかドラマのあのラスト何よ!?何あのニヤリングはっ!?
ってことで2日で読みました。
量はそれなりにあるけども、ドラマ1クール分使ってやるほどではない感じ。
だからドラマではオリジナルの絡みがあったりしたのね。
原作では「終戦を経ての民法の変化」(長子相続から等分相続へ)ってのが
主人公達の意識に大きな影響を与えてたので、
ドラマでは設定が現代な分、長女と叔母の行動が少し重みに欠けた気もするけども。
しかしドラマでは静と動がはっきり分けられてておもしろかった。
だって森本レオが最後に高笑いするなんて誰も思わないべ。

『死者の奢り・飼育』/大江健三郎
ひっさびさの大江さんです。
中学の頃から果敢に立ち向かったものの、既に彼は理解できない境地に達してました。
息子さんをモデルにしたエッセイっぽいのはまだしも、
『宙返り』なんて読破はしたけど哲学的過ぎた。もはや「パトロン」しか覚えてない。
本作は初期の短編をまとめたものだったので、幸い読みにくくはなかったけど
さすがノーベル賞受賞者!という感じで世界観が凄すぎる。
文庫本なのにずっしり。ありえない。
誰もが隠し持たざるをえない嫌な部分・醜い部分をずりずりずりと引き出した作品。
読んでて顔をしかめ、背けつつも眼は文章を追ってしまうような感じ。
再びレパートリー(?)に加えて今度こそ何らかの理解に辿り着きたいっす。

ってか村上春樹の新作出てるやーーーん!ノーーン!!
本屋本屋。

ふしぎな図書館女系家族<上>東京奇譚集/村上春樹
  1. 2005/09/19(月) 23:19:08|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お喋りな行間。

ここらで最近読んだ本をまとめておこ。
本も読まずにぼーっとしていたんじゃないんです。
ぼーーっとはしていたけど本も読んでいたんです。


『不道徳教育講座』/三島由紀夫
初三島本です。本好きを豪語しながら近代のものってあんまり読んだことがない。
文体がどうも入ってきにくいというか。
これは小説じゃなくエッセイなんやけど、おもろーい!三島人生哲学炸裂。
こんな風に人生飄々と生きていけたらかっこいいなぁ。
しかしそれにはやっぱり教養が必要なのだな。実にスマート。憧れる。
これを機に小説にも手を伸ばしてみようかと思う。

『たった一人の反乱』/丸谷才一
満を持して丸谷さんの代表作に挑戦。
個人と社会、というのがテーマだと思うんだけど、
社会に対して登場人物達がそれぞれなりの反乱を起こす。
嫁の祖母(前科者)と同居し始めたことで起こる主人公の家の中の変化と、
主人公自身の意識の変化の描写がおもしろい。
あと、家政婦も老女も中年の商人女も、「女」として描かれており、しかも可愛らしい。

『理由』/宮部みゆき
高校生の頃、本作で直木賞を受賞したときに読んだんだけど、
読み終わったその瞬間にはからくりとか人間関係を理解できていたのだけど、
その後母さんや妹と話し合っているうちにこんがらがっていき…
とにかく「ややこしい」という印象だけ残っていたこの『理由』。
今回は3日くらいで一気に読んだら意外にややこしい感はなかったです。
この人の小説はいつもいい意味で「親切」なんだよね。
人柄や人間関係の描写もさることながら、現代の時代性もしっかり捉えられていて
凄い作品だと思う。
映画ではどんな風にまとまってるのかも気になるところ。

『ニューヨークからきた猫たち』/椎名誠
久々の椎名さんです。中学校で読んだ『岳物語』に始まり、
高校にかけてSFものやエッセイなど殆ど読んでました。
今回たまたま図書館で目に留まったので久々に読んでみることに。
息子さんが写真家目指してアメリカの大学へ行っておられるそうで、
『岳物語』のイメージが強いたぶは「えぇっ!?そんな大きいの!?」とびっくりでした。
それ以上に、なんつーか、椎名さんの「お歳を召された感」を感じました。
まぁ本作は昔のエッセイみたいな「ゆるり放浪記」的なものとは趣が違うので
そういう感傷的な部分やお疲れな部分も出てきてるのかもやが。
昔のエッセイでは「山行って海行ってがっはっはな父ちゃん」てイメージだったので。
でも表現自体は「あぁ、やっぱり椎名さんだなぁ」と感じました。
久々だったのでほっこり、懐かしかったっす。

『ルパンの冒険 アルセーヌ・ルパン全集(3)』/モーリス・ルブラン
わーーい、ルパンルパン!
でもルパンは本作では大半を変装して登場しており、
変装の達人であるルパンは人格までも変えてしまうので、
あの大胆不敵なルパンは最後の方でしか見れませんでした。
でも秘密のエレベーターとか柔道とか、手錠抜けだとか、
ルパンお馴染みのものがいっぱいでてきてやっぱり楽しかったです。


不道徳教育講座たった一人の反乱理由ニューヨークからきた猫たち
  1. 2005/09/15(木) 11:35:51|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私的パノラマと空の船。

今日の予報は曇りのち(時々?)雨。大気中に水蒸気が多いからか、
skyboat
こんな風に雲の切れ間から淡い光の帯が幾筋も見えました。
シャッターチャンスを逃したけど、飛行機(写真左上の点)がこの光を横切る様は、
そのまま光に呼ばれて吸い込まれていくみたいだった。一瞬ね。


久しくドライブをしていなかった彼氏さんの欲望が小爆発を起こしたので、
今日は山のてっぺんまで行ってきた。やっぱり夕焼けを見に。

panorama1
やっほーーい夕焼け!遮るものが何もないから太陽の真ん前にいるみたい。

panorama2
地元で一番高い山に行ったので全てが見下ろせる!
自分の街も遠い海も。山々さえも。

panorama3.jpgpanorama4
パノラマパノラマ!!
一雨降った後だからなのか、色んな質感の雲が立体的に重なっていて美しい。

cosmos
日中はまた陽射しギラギラで暑かったのに、
下界より3℃は気温が低く、冬が一足早くやってくるたぶの地元の中でも
一番高いとこなので、もう夕焼けの時間ともなると肌寒い。
コスモスも咲いてすっかり秋気分。
秋桜と書くけど、秋の桜とは少し雰囲気違うよね。
でも華やかな色合いの中に微かな渋みがあり、どこかもの哀しい。
茎が細くてひょろりと背が高くてゆらゆら風に揺られているからかな。

なんか夕焼け見てたらふと「みんなのうた」思い出したですよ。
「しあわせのうた」というやつで、東西南北各地に住む人の幸せを歌ったもの。
♪西に住む人は幸せ いつも終わりに太陽を 明日の空へ見送ることができるから♪
これが西の部分やねんけど、夕焼け見てたらなんとなーくこの歌が浮かんできて、
綺麗な夕焼けが見れるとそれで一日安らかに終えた気になれるからいいなぁ、と。
色んな夕焼けスポットを持ってるたぶはなかなかの幸せ者かもしれん。
因みにこの山頂は家から車で30分くらいのとこ。…最高やね。
また連れてってください。
  1. 2005/09/14(水) 23:20:46|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちいさきもの数多。

早くも来年の手帳を手に入れた。
というか金無し子なので買ってもらった。ありがとござます。

diary2006
今年もキターー!!もちろんラチとらいおん。
Mark'sの企画モノは単発で終わりかなぁ、と思ってたんやけど今年も。
しかもお値段据え置きでバージョンアップ、シール付き。中にも絵柄入り。
前のは中には一切絵がなくて、ちょっと残念だったのだ。
しかーも今回は今年の11月から再来年の1月の月ごとのページ、
2週間ごとの見開きのページのそれぞれに、全部違う絵が!
いやーーん嬉しい嬉しい嬉しすぎる。

ツボだった絵たちをちょこっと。
laci1laci2laci3
左:えーん可愛すぎる。二人の表情が最高っす。
中央:何故か萌えまくり。
右:…それヒゲあざらしやろ!!
うわーーい、こんな絵たちがまだまだいっぱいいるんです。楽しみ楽しみ。


今日は母さんの誕生日でした。おめ。
前作っておいしかった炊込みご飯を作ったのだけど、
何しろ今日はプラスごぼうで切るもん多いから時間かかるし、
「具がでかすぎる!」「うちではこんなたくさん醤油入れません!」とダメ出されまくりで、
結局少しくらい楽させてあげるどころか疲れさせてしまった気がする。
最後にはもー母さんも諦めて(疲れて?)具の大きさも調味料もそのまま入れたです。
しっかしうまかったでーー。ごぼうの歯ごたえがさらに最高じゃ!!

cupboo
母さんへのプレゼントのマグカップ。
と妹が静岡から送ってきた母さんへのプレゼントに同封されてた
たぶへのお土産のポストカード。ビバ妹!!
マグカップに書いてあるハンガリー語をオンライン辞書で訳すこと2時間。
(てか辞書探すのが大変だった)
「誰がよわむしラチを勇敢にしたの?小さな赤いらいおんさ、そうだとも!」
みたいな意味だろうということに落ち着いた。
うちの女衆は皆ラチとらいおんが大好きなのさ。


aomusi
ラチグッズと共に気になるのがコレ!
そう、エリック・カールの『はらぺこあおむし』グッズ!!
…知ってるよねぇ?さすがにこれは超王道だと思うんだけど。どーなんだろ?
かわいいのはもちろん、こんなカラフルなお皿でご飯食べたら、
すっごくおいしくもりもり食べれそう。
しかしちょっと特殊な磁器らしく(?)お値段高め。しかも金無し子(爆)。

金無し子と言えば、洋楽北欧勢のリリース&来日ラッシュで困っている。
JUNIOR SENIORにMAGNETにMEW…って!
このうち11月にMAGNETが、12月にJUNIOR SENIORが来日。MEWは年明けくらいかなぁ。
どれも前作聴いてLIVE行きたい!って思ったのが来日直後or完売後だったので
非常に嬉しいんだけど…さすがに12月は無理ポやな。卒論…嗚呼。
しかもMAGNETとJUNIOR SENIORの間にOASISが来日するんだって!?
サマソニ行けなかったので単独来日で再戦を誓ったのに…¥7000は無理ポ…
とりあえずいつ日本において消えてしまうかわからないまぐさんは
どーにかして行こうと思う。
また来るよね、ってかまた来てくれよJUNIOR SENIOR&OASIS(泣)

ほんなわけで今日は、
goodnight
おやすみなさい。
  1. 2005/09/13(火) 23:09:29|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

色々空変わり。

なーないーろ えーぶりでーぃ♪
ハイ、スルーして下さいね。
今日夕方虹が見たんだけど、見えましたか?
ってか虹ってどこにいても見えるもんなの?
真下とか反対側からは見えないらしいけど、みんな西を眺めてたとしたらどうなんだろ。
要するに今日の虹は大阪全域で見ることができたのかしらってことなんやけど。

今日の夕暮れはちょっと特別だったの。
rainbow1rainbow2rainbow3
こんな↑風に、虹が出てるだけじゃなくて2つも!それも太陽の両側に!!
…特に左側のなんか見えにくいと思うけど
中央に縦にしゅっと入った光の線のようなのがソレ。
右側のも蛍光灯モードで辛うじて色が分かれてるのが見えるかな、というくらい。
何しろ思いっきり逆光やから(しかも西日)普通にカメラ向けたんじゃ
ほとんど何も写らんのす。ってか画面の確認すらキツいのす。
なんや一般的な虹とは違ってアーチを描いてないですが、
でも確かに三色までは判断できました。
なんか特殊な大気状態やったんやろか。虹とは違うのかもやけど。"七色状のモノ"。
そして真ん中の写真中央に斜めに入った飛行機雲。それも二つ!!
はーー綺麗じゃ綺麗じゃ。
ここは空や山、ダムが一辺に見渡せて新緑の萌える頃や雪が降った日はもちろん、
毎日の夕焼けを眺めるにも最高の場所。そんな場所が家から徒歩10分。…最高!

akizora
空だけ見てるとすっかり秋なんだけれども(もう2回に一回くらい言ってる?)
それにしても今日は暑かったね。むしむししてた。
早く涼しい風を運んでこーーい。…多分ここじゃ秋は2週間くらいで速攻冬やろけど(爆)

  1. 2005/09/13(火) 01:14:41|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

その日語り。

うへーー結構久しぶりのブログ。
妹が帰ってきてリビングの人口密度と使用頻度が上がってたので
あんまネットに触らんかったのす。
誰か、特に知人に見られそうなところでネットしたり、ましてやブログ書いたりとかはできん。
そして一度離れると戻ってくるきっかけが無いのがたぶにとってのネットといふもので。

花火からははや一ヶ月経過してもーてるし(ちょこちょこ進めてる下書きはあるものの)
音魂レポにまで手が回るかどーーかわからん。嗚呼。

妹は音魂の翌々日帰っていきました。
結局二人の夏の思い出は音魂だけだったなーーすまぬ。
たぶが色んな意味で不甲斐ないばっかりに(ホントにな)…
縄跳びも結局あれから記録更新ならず。
調子悪いわけではないので50回の記録がまぐれだったとも思えないのだが
48回くらいで毎回引っかかる。あーーーん。

朝起きて胃が重かったのでパンやご飯を食べる気にならず、
そうだうどんにしよう、と茹でてる最中に朝ごはん用とは別の食べ方を思いついて、
無性に食べたくなったのでお昼もおうどんで、夜台所を覗いたら
「私胃が痛いから今夜はおうどんよーー」と母さんが振り向いたという…
1日三食うどんという輝かしい記録に一瞬フラッとなりかけた日がありました。
全然お腹は喜んでたけど。考えるとちょっと凄いやろ。

部屋の掃除の続きしたり。今度はひきだしの中とか。大掃除で出たごみの処理とか。
あと捨てるハズの箪笥のひきだしから出てきた末次由紀の漫画読んでみたりとか。
んで泣いてみたりとかな。やっぱ連載ものより短編、短編の中でもオムニバスが良い。
純愛モノやのにアホみたいに一本一本読み終わるたびに泣いてました。

そして台風一過。
yuugure
夕暮れが清々しいね。この日の前夜は真冬のように星が半端なく綺麗でした。
台風が汚れた大気や水蒸気まで持っていってくれたのかな。
息が白くないのが心なしか残念だった。
やっぱため息が出るくらいの美しい星と、そのため息の白さっていうのは
ワンセットであるべきだ。コレ譲れません。

  1. 2005/09/11(日) 00:43:07|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宝惑い。

やっほーーーーい掃除完了!!
綺麗になるもんだねぇ、完全に諦めてたのに。
引き出しの中とかはまだ少々乱れが残るけども、パッと見は完璧、のハズ。
床の拭き掃除までしたっつの。
健康本の見出しとかにあるけど、「掃除をしてスッキリしよう」というのは強ち本当だな。
まぁ初めてあんだけの量のものを捨てたってのもあるだろけど。
しかしやっとこの歳にして、整理術のない自分がちゃんと片付けるには
不要なものを捨てることと、そのための潔さが必要であることを学びました。
変なところでウジウジしとったんやなーーたぶは。これからは潔く生きよう。
しかしそれは自分が確実に現代人に近づいているようで少し複雑な気分である。

とまぁそれはさておき、掃除が無事完了したので明日音泉魂行ってきますだ。
ギリギリまで悩んでたけど、ここにきて結構身体の調子も良いし。
但し特にお目当てもなく、予習もせず、のまったりフェスだす。
しかし午前中からScoobie Doは困るぜ。普通にノリノリしちゃうじゃないか。
しかも夕焼けをバックに投げキッスし合うのが最高なのに。
後は民生さんとかTHE BACK HORNとかGRAPEVINEとかUAとか。
スパルタとサンボマスターは怖いもん見たさで(笑)
まぁ日焼けと乾燥に気をつけつつ、楽しんできます!うはーー。


つぅことで掃除の途中に発見したモノ達をいくつか記念撮影。
主に、ぎょっとしたもの。あるよねーー掃除してると。
どんなに思い出しても買った覚えのない服とか。
(しかしブランドからして自分以外ありえない)
どんなに探しても見つからなかった漫画一式が捨てる予定の箪笥の中にあったりとか。
(受験中一時避難させておいてそれっきり大忘れしていた)
まぁそんな中でも群を抜いていたモノ達を。

表紙値段
ちょー見てくださいよコレ。父さんの遺品(違う!)なんですけどね。
タイトル右から書いてあるYO!!当然中は読めない旧漢字がいっぱい。
見れば昭和6年(!!)の発行らしい…そして定価40銭て!!
同じく古い文庫で一冊¥120とかのもあるけど…これは衝撃。
さすがに読み辛いのでもう捨てるけどその前に記念撮影。

philippikachu
白いページが余ってるノートも捨てられないんだけどコレは別。
自由帳じゃないですよ、授業のノートでもないけど。英文学概論のテスト勉強用ノート。
作家と作品名を覚えるのに、似顔絵を描いて印象付けようとしたのです。
まともに描いてるのは最初の三人くらいで後はパッと見の印象が"オバさん"なら
顔型の丸の中に"オバさん"と書いただけだったりするんだけど、
意外とこのやり方大当たりで。テストは悪くない点数でした。
因みにテスト勉強にこのくらい力入れるのは1学期にほぼ1教科だけです。
右は見ての通りれんらくちょう。小学校時代が懐かしいですね。
でもコレ使ってたのは大学生になってからです。
2回生になって英語の授業、というか宿題ががどーにもこーにもハードになって
こなす以前に何が宿題であるのかを覚えるのがまず無理だ、という状況に陥った際、
某●えさんが考案したのが「れんらくちょう活用法」。
たぶもそれに乗じてぴかちゅうのをゲットしたわけです。

isumi
そして何よりぎょっとというかゾッとした、というか戦慄が走ったのがコレ。
ち●さんのためにアップにしといたYO。
その昔●っきー・たぶ・●えさんの三人は「ヒカルの碁」にめちゃめちゃハマってた、
というか正確に言うと「ヒカ碁ネタ」にめさめさハマっておったのです。
とりわけこの↑「伊角(いすみ)」に。
ユニクロの「5」Tシャツ買ったりとかな。これ以上はもうヤバくて言えません(爆)
そんな時期に二人が東京土産に買ってきてくれたのがこの伊角カード。
東京なのに伊角。
でもたぶ二人に言われるがままにちゃんと定期ケースに入れて持ってたんだよ。
嗚呼、眩しくてくすぐったかったあの頃(爆)


因みにラルクの下敷きは捨てたけど、EVAの下敷きは捨てなかったし、
ポケットぴかちゅうも捨てれませんでした。
ラルクとポケットぴかちゅうは結構悩んだけど、EVAは迷うことなく、
っていうか考える必要もない、当然、くらいの速さで「要るもの」に分類しました。
  1. 2005/09/03(土) 01:09:12|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

色葉並べ。

天ぷら作ると言っておきながら。急遽とりやめになりました。
彼氏さんは前日出張先での昼マックに夜ラーメンのため、
たぶは先週末の外食続きに、昨日の駆け込み試作のために、胃もたれ起こしてたので(爆)

なので山菜の炊込みご飯に秋刀魚、大根と鶏の煮物、モロヘイヤのおひたし、
きゅうりとワカメの酢の物、お味噌汁、というなんだかお誕生日っぽくないどころか
一昔前のとある家の晩御飯みたいなメニューになりますた。
でもこれで¥800(勿論2人分)だすよ、すげー安上がり。
まぁ価格割れ起こしそうな秋刀魚のおかげですけど。
炊込みご飯はパック入りの山菜の水煮の他に、人参椎茸お揚げなめこしめじを
ぶち込んだんやけど、まーーこれがうまくって。
巨大なお茶碗に、漫画のように山盛り食べてしまいました。
煮物の大根が固かったんやけど、それはご奉仕品¥58だからだろう、ということに。
ってかこのメニュー、数えてみたら1食で食品20品目くらい摂れるんです。
優秀!!…まー手際悪いので作るのに1時間半くらいかかってるわけやけどね(爆)

ドライブを兼ねての食材調達、ご飯作り、映画にパズルにだらだら…とまぁ
あんまいつもと変わらない一日でした。一応誕生日祝いなのに。
所詮誕生日も365日のうちの平凡な1日に過ぎないのだ。
いや、斜に構えているのではなく、その平凡な一日を丁寧に過ごせて良かったかな、と。


そして帰宅したら二の腕気になってきたらしい妹が
「縄跳びしよう!!」と意気込んでたので付き合う。
学校もバイトも就活もない、ストレスフリーな生活のせいか、
ちゃんと食事もしてるし、運動してるわけでもないのに最近どんどん体重が落ちてゆく。
もー骨髄バンク登録できん。
それはまぁいいんやけど、一度今くらいの体重になった時に
身体の抵抗力が落ちて、風邪をこじらせて発作起こして入院したことがあるから
(しかも今くらいの季節)筋肉つけたーーいと思ってたので丁度良かった。
妹が母校の伝説の工業用ロープ縄跳びを持ち出してきたけど、
まずは手始めに普通の100円縄跳びで二重跳びを。
うあ~~しんどっっ!!20回しか跳べなかった…
伝説縄跳びの方では5回くらいがやっと。腕にかかる負荷が半端じゃない。
うっそーーん、たぶ高校生の時コレで80回跳んでたよな!?
100円の方なら中学生で120回跳んでた。
嗚呼…老いとは…若さとは……恐ろしいものだね(爆)
とりあえずその後根性で100円ので50回跳びました。
1日10回ずつ増やして来週妹が帰るまでに100回くらい跳べるようになりたいっす。
伝説縄跳びの方は…40回くらいで(汗)


discover
角川文庫のID送って、ブックカバーが届きました。
宮崎あおいとカバっち(カバのディスくん)。
そう言えば最近またちゃんと本読んでます。
だいぶ前に漫画「封神演義」と平行して読んでいた
三島由紀夫の『不道徳教育講座』を読み終わり、(感想書いてないや)
今は丸谷才一の長編『たった一人の反乱』を読んでます。
ってか丸谷才一おもしろすぎるよ。すげーーハマってます。
  1. 2005/09/01(木) 01:35:45|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。