たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

京華スプートニク。その3。

≪1日目/8月10日≫続き。

■宇治川花火大会
今回の小旅行メインの花火です。午後7時半開始。
angle
撮影はこの角度より。

hanabi1
始まってすぐの頃は空も明るいのでこんな感じ。中州の塔も見えて風流じゃーー。

始まってからは、第一発の音が聞こえる→窓辺に走る→カメラを構える
→観ながら撮る→10分弱の小休止にご飯を詰め込む、の繰り返しでした。
ご飯を運んでくれる仲居さんに大変申し訳なくて、
さすがに花火の間中ほっとくのはまずいと、小休止中に必死でかきこんだです。
仲居さんは慣れたもので「ごゆっくり~」と言ってくれはったけど。
せっかくの美味しい鱧や鮎を味わい堪能することなく胃に収めてしまいました。
これは失敗やったな~~。


で、なんでたぶがこうも宇治川花火にこだわるかと言うと、
2年前●えさんと行ってめっさめっさめーーーっさ綺麗やったからです。
「花火行こうやー」「おう、どこにするっぺ」「(雑誌見て)宇治川のが趣あるらしい」
「おーー、ぽいな!」とかそんなノリで行ったと思うねんけど、
花火の真下に陣取って実際観たらほんまに風流で美しくて。
うちら何回も声にならない声を発した覚えがあります。


hanabi2
何と言っても美しいのはコレ。
種類で言うと「冠(かむろ)」なのかな?
ぱっと夜空に広がった後、煌きながらしゃらしゃらと柳の枝のように降ってくるの。
もーほんまに閑麗で(すいません辞書引きました。"雅やかで麗しい"の意。
"流麗"としようとしたら、文章や音楽に対して使う言葉なのだそうです。)
脳内麻薬がどーーっと出ます。

hanabi3hanabi4
「源氏物語」をテーマとしているだけあって、おもしろ花火はあまりないです。
これはスマイルの外枠が消えたところと、フィッシュ型。
あとは星型とどらえもんの顔もあったかな。

まぁあとはたぶの文章よりも写真でお楽しみあれ。
花火が小さいのはたぶの携帯による撮影です。

hanabi5hanabi6hanabi7hanabi8hanabi9

hanabi10hanabi11hanabi12hanabi13

hanabi14hanabi15hanabi16

hanabi17hanabi18hanabi19

hanabi20hanabi21hanabi22
なんかひたすら重くってすいません。
並べすぎて、灰色の点が錯覚で見えるなんちゃってだまし絵のようになっております。
これでも頑張って絞り込んで厳選したのですが…
ぶっちゃけたぶ撮影のやつが邪魔って感じですかね(爆)
でも頑張って撮影したんやから!クリックで拡大すると意外に綺麗なんやから!

今年は宇治大橋から10分ほど歩いたところの旅館から観たので
ち●さんと観たときほどの迫力はなかったですが、
部屋から観えるという独占感と、いい位置に塔があったりして、
非常に粋な絵になっていたことが良かったです。(カメラには写らんのですが…)
しかも川辺なので涼しい。言うこと無しです。やっぱまったり花火、イイ!!

【続く】
スポンサーサイト
  1. 2005/08/18(木) 21:37:50|
  2. 彷徨スプートニク紀行。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。