たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

機械仕掛けの死街。

morning glow
なんか眠れなかったよぅ。
まぁ昨日9時間眠った上に起きてる間活動らしい活動をしなかったから
しょーがぬーーやけどな。
気がつけば5時ですよ。朝焼けの時間。
でようやっと眠れて目を覚ましてみれば11時過ぎやった…
NARUTOどころかくれよんしんちゃんも終わってる時間です。やれやれ。
明後日には普通に8時とかに起きなきゃならんとゆーに。
やれやれ。やれやれ。


気になる演劇があります。フランツ・カフカ原作の『変身』。
2月くらいに映画を観て、映画化にあたっては舞台版を元にしているとあったことと、
その映画がまた非常に素晴らしかったので気になってたのです。
それが今回万博を記念しての来日だとか。名古屋2日、大阪1日のみ。
これぁ行けってことかい?
にしても舞台セットが派手そう。水が出たり火が出たりするんだろうか。
タイミング良く日本の劇団による同じくカフカ原作の『AMERIKA』がTV放映されていて、
初めはそもそもカフカと演劇って相容れないものなんじゃないか、
カフカの世界観と言えば無機質、機械的、灰色の群衆…と言ったもので、
演劇の正しい発声とか表情の豊かさとか…どうなんだろう?と思ってたけど
仮面を被ったような、時に恐ろしくヒステリックな人々、
でたらめに早送りをしたようなコミカル且つ不気味な動き、
長調とも短調ともつかない現代的な不可思議なピアノ曲、
舞台の奥や端の方は見えないくらいの暗い照明…などで
意外に違和感なく表現されていた気がする。
何故か最後まで録画できてなくて(泣)、未完作であるこの作品に
どのような結末を与えたのかはわからんかったが…

まぁ結局問題はお金であるよお金。
とうとう先日auからハガキ来たもの。
そろそろバイト始めようにもそろそろお盆やし20日頃には妹帰ってくるしで
タイミングが微妙。
お母さん、こっそり奨学金に手をつけてもよかですか(爆)。


そしてこの子達も気になることであるよ。
MSNのトップニュースから飛んでからというもの、頭からこの歌が離れまてーーん。
ブログは読めたもんじゃないけど、肌の露出は多くても健康的でえぇやないかーー。
ってかスタイル良すぎです。ずるいーー。
たぶも平成生まれとかが良かったよーーーー。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/08(月) 12:57:11|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。