たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

斜陽と待惚。

今日は少し早起き。
一度やってみたかった"早起きしたらNARUTOを見る"というのが叶いました。
朝からFLOWのOPとナルトの元気声はキツかったっすけど。大蛇丸怖いってばよ。

今日も母さんと岩盤浴に出かけ、昼ごはんの後とある卸売り屋に
法事のそくぶつ?とやらを購入しに行きました。
帰省前ということでギフトコーナーがめちゃ混みで、ラッピングの時間待ちが45分。
昼ごはんがかなりお腹にきてて、さっさと帰って昼寝でもしたかったのだけど
しょーがないから待つ。
んで時間になったのでお渡しコーナーに行くと「10分ほどお待ち下さい」と言う。
で30分放置。
その後母さんがバイトらしき人に何度か尋ねるも「まだです」で何のフォローもなし。
さらに15分後くらい母さんぶち切れ。
どうやら全然違うコーナーに行ってたらしいんだけども。
しかも「責任者はどの人ですか」の一言に、
一番最初に対応してうちらが待ちぼうけ食らってるの知らないはずはない
パートのオバハンがちっとも悪びれず、「○○さん、ちょっとぉー」って感じやったらしい。
にしてもこの対応はどうかと。イレギュラーが起こってしまうのは仕方ないけども。
現状説明ってのは最低限必要なのではないのかい?
それから従業員同士の情報共有と。
卸売り屋やからミドリ電化のようにお客様第一主義ではないにしろ、
これくらいは最低限やってくれ。
たぶが対応していたら、ここまで爆発せずに済んだという自信があるぞ。
パートのオバハンも謝ろうね、形だけでも。
ミドリならばここでジュース券が出てきます。
多分ここまでしてもらっていい待たされ時間やと思う。
昼寝1クール(20分)と読書数十ページやもん。
まぁ母さんの爆発具合もすごかったけども。
たぶはここで何も言えずに待たされ放題のタイプなんやけど、
でもそうしていたらもっともっと待たされたかもなわけやし…
どっちがえぇんやろ、うーーん、微妙。


今日読んだ本:
『格闘する者に○』/三浦しをん
格闘する者に○
これも先の友人から借りたもの。んーーー、……もの足りん。
就職活動、相続騒動、弟の家出、70歳の老人との恋愛、ぎこちない家族…など、
行儀良く並べられてはいるのだけれどもなんかどれもちゃんと描かれてないような。
解説には「あえて描かないという余白が良い」とあったけどもそんな風にはとても。
でもまぁ主人公がたぶに似とるっちゃ似とる。
就職活動に対してあんまやる気もなく、漫画ばっか読んでて、
でもまぁ志望業界は決まってるからちょこちょこ受けて、
まぁぼちぼち行きましょか、とあひゃひゃと構えているようなところが。
主人公がこんな子やし、話の運びもこんなん↑なので、
これでラストでこんな私でもなんとなく就職決まりましたってオチだけは
まぁなくて良かった。
にしても5年前とはいえSPIをスパイの試験と勘違いするとか、ありえん。
冗談はもう少しスマートにしていただきたい。
でも友人や弟との会話の部分はテンポ良いので
スウィングガールズの上野樹里ちゃん主演とかで観てみたいかも。

このまま続けてもう小川洋子をもう1冊読む予定だったけど、
ここんとこ喉ごしするするしたもんばっかでなんか気持ち悪い。
次はがっちり硬いのが読みたいだす。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/04(木) 01:00:34|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。