たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

幸せな隔離。

ここ数日、何度も日記があぼーーんしましたよ。えーーん。

そして気が付けば五月。
友達の誕生日を忘れてました。ごめんなさい…
この場を借りておめでとうを言わせていただきますです。
そして身体には気をつけてくれたまえ。


いやはやGWです、休みです。
久々に家族揃うので(弟を除く)、たぶにしては珍しくバイトを詰めずに
休みを満喫している感じです。
それにしてもこんな休日らしい休日を過ごすのなんて、
かれこれ中学の時以来かもしれん。
多分父母妹に関しては三人で美術館やホームセンターに行ったりしてたので
そんなに珍しくもないんやろけど、
そこにたぶが加わるとなるとこれは軽くミラクル、くらいの話です。


朝は10時くらいに起きて、お母さんに「早くどいて着替えなさい」とか言われながら
大した量もない朝ごはんをゆっくりゆっくり食べて。
前日20回はCDで聴き、5回は録画で観たスキマスイッチの「全力少年」を
聴いて歌って10回くらいCDが回ったところで着替えを終え。

することないやって階下に降りていくと
お父さんと妹が庭の草抜きをしてたので
たぶはその傍らでビバと日向ぼっこすることに決め。
ビバと一緒に日傘に入り、ひたすらしゃぼん玉をする。
しゃぼん玉をすると風が見えるから、好き。
雨の日のしゃぼん玉がグレイッシュトーンの靄に沈んだ街の中に
どこか妖しげな鈍い色彩を放って、垂直に落ちる雨粒の間を縫うように
ふらりふらりと飛んでいく様もこれまた一興なんやけど、
晴れの日のしゃぼん玉もやっぱ良い。
突然庭の隅に現れた小さな竜巻に巻き上げられて
加速をつけて不規則なリズムで舞い上がっていくのとか最高。
薄い薄いしゃぼん液一枚で自分の呼気と春の空気が隔てられつつも
一緒に存在している、というのもなんとも不思議。
最初は興味を示してたビバが飽きて横になり、
瓶の三分の一ほど入ってたしゃぼん液がなくなると、次は読書。
ウィリアム・バロウズの「裸のランチ」。
麻薬とかジャンキーの話なんだけど、
隠語が多くて出だしからして全くわからん。


ちょっと高めで旨い回転寿司を食べに行った後は、植木屋さんへ。
最初のうちはお母さんと妹について回って
花やら樹やらを楽しんでいたのだけれど、
何しろものすごい夏日で、たぶは春用のだけれどニットを着てたので
バテるバテる。
植木屋の片隅にガーデニングプランの一例として、
バルコニーコーナーみたいなのがあったので
そこの日陰の椅子を借りてひたすらバテる。
植木や花のコーナーからは少し離れてる上に
大きな傘が頭上を覆ってるから、
そこにだけぽっかりと嘘みたいにひんやりした空間ができていて。
さっきまで自分の肌をじりじりと刺していた初夏の空気と、
そこにある林の中の小川の溜まりのように大切に冷やされた空気、
太陽の光に惜しげもなく眩しさを跳ね返している木々の鮮やかな色彩と、
傘の下でひっそりとその差異を窺わせている控えめな色彩と。
それらが影の輪郭によってぴっちりと分けられている。
傘が視界のやや上の方までせり出しているのと薄暗いのとで、
なんだか人気のない映画館の椅子に座って前の座席の背もたれに頬杖をついて
小作品でも観ているような気分になる。

ここで突然ですが、たぶは「見物人的」な役割というか立場というか、が好きです。
たとえば観覧席に上ってカートを観る。
たとえば藤棚の下のベンチに座ってテニスを観る。
たとえばグリーンの網の仕切りの外から卓球を観る。
決して「観戦系」が好きなわけではなく。
複数人でカート場やら公園やらゲーセンやら行くんやけど
自分は参加せず観てんねん。それがなんか楽しいねん。
まぁ共通性は「自分だけ」「ある程度離れた」「何かしら仕切りのあるところで」
観ているところやと思うんやけれども。
そのことによって、自分が「見物人的」あるいは「通行人的」匿名性を得て、
箱庭的別世界をこっそり覗き見しているような気分になる。
また、そこには物語を想像するゆとりというか、
隙間のようなものがある気がする。
その「仕切り」の中での物語と、見物人としての自分も含めた物語と。

というわけで、一変してバルコニーは映画館に、
植木の間を見え隠れする帽子と半袖たちは
「避暑地の出来事」がバックに流れるショートムービーに。


他にも色々。
帰ってお腹いっぱいで寝転んだパイルのベッドカバーの肌触り。
横向きで見たカーテンの微かな揺れと、その隙間からもぐり込んできた西日。
久々に聴いたラジオ。チャート番組で聴き逃した大好きな曲。
近所のゴールデンも連れて妹と行った散歩。
食後黙々と妹と二人完成させたパズル。
一日って本当は結構長かったんだねって気付いた。



っていうか長いのはたぶの日記やろ、という感じやな。
長すぎだよコレ。誰が読むねん。
途中で気付いて最後は箇条書きにしたけどコレだよ。
でもほんとは一項目一日記くらいの勢いで書けそうなんだよ。
そんなんは非公開ブログでやるべきなんか。
でも日記って他人のために書くもんでもないしのん…
でも公開してるわけだしのん…


まぁとにかく な が い orz
スポンサーサイト
  1. 2005/05/04(水) 16:19:09|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。