たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

桃色指標。

なんだか結構久しぶりの日記です。
忙しかったわけでもないんやけど暇でもなかったというか。
結構文章を書くのに時間かかる人なので
それなりに暇でないと書けないです。
まぁあったこととかざっと書いてしまえば速いんやろけど
それは自分があんまり望んでないので。
やっぱ咀嚼するようにゆっくりと
自分の一日を自分の手と言葉で再構築したいと思うわけです。


とは言いつつまぁ先に恋愛成績表の再診断結果から。
確か一年くらい前にもこのサイトで診断したんだけど
まぁ何ら変わらず「ゴキブリ」でした。
その1年の間に5年の沈黙を破って彼氏さんができる、という
たぶ史にも大きく刻まれ、「たぶ史」の授業では先生が黒板ばんばん叩きながら
「ここ、テストに出すから。マストだぞ」とか言って、
生徒がいそいそと赤線引いてそうなくらい、っていうか
こんなたとえ出さなくても実際周りの人々にも「え、あーたに?」って
驚かれたくらい、意外なできごとがあったというのに。

ゴキブリなんだそうです。

実際再診断してみて、去年とちょっと違う感触はあったんだけど。
去年だったら彼氏いないからわからないよ、答えられないよ、というところが
具体的に答えられるようになった、というか(爆)
自分ではこう思ってたけど、付き合ってみたら実際違う行動をとった、とかね。
しかしその結果はやっぱり、

ゴキブリなんだそうです。
「恋愛以前に、人生を真っ当に歩むことに努力しましょう」なんだそうです。

しかしあまりの自分の変わらなさに一瞬はポカーンとしてしまいましたが、
すぐにまぁこれで良かったのかも、と思ったとです。

自分が誰かと付き合うとはあんまり思ってなかったけど、
誰かと付き合うことがあったとして、
それで人格とか価値観とかががらり、と変わってしまうのは
なんだか嫌だな、と思ってて。

でも今のところ、付き合って違和感とかは感じてなくて。
変化は実際あるけれど、その変化というのもあくまで自然な感じ。
まぁ周りの人は意外に感じたり、
変わっちゃったな、と感じたりしてる部分もあるかもなんやろけど。
まぁでも自分の中での一つの指標として妹の反応、というのがありまして。
たぶ以上にキツい上に率直に突っ込んでくる子やから
もしたぶがありえん状態やったら「…無理!」とか普通に言うやろし、
ある程度、というか自分の周りの人の中ではいちばん価値観が似てる子なので、
まぁ以前と態度や反応を変えず接してくれているということは
きっとまぁアリな状態なんやろう、と。

とは推測してみるものの、たぶと同じく他人事には口出さない主義の子なので
既に他人と割り切られてたらどうしよぅ…


まぁそんなことより可哀想なのは恋愛的関心が低い、
というよりかはむしろ「恋愛的関心がない」ゴキブリたぶと付き合っている
彼氏さんです。
んーーー…まぁ頑張れ。
たぶは変わらんやろし変われんやろーー(爆)
スポンサーサイト
  1. 2005/04/30(土) 23:24:56|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

人格写視。

たぶもやってみただよ、カバラ。

************************************************************
カバラ誕生数(自分の本当の性格と現世での使命を解読する)
◆あなたの誕生数
3 (精神に光を投げる自由人)
◆長所
快活、楽観的、開放的、優雅、友好的、社交的、聡明、礼儀正しさ、率直
◆短所
無思慮、極端、虚栄、皮相的、意志不定、耽溺、無貞節、ぜいたく
◆備考
熱狂的だが、きまぐれだ。


カバラ姓名数(他人に与える印象を知り隠れた才能を発掘する)
◆あなたの姓名数
8
◆あなたの印象
タフで情熱的で魅力がある。統率力があり文化的な組織や施設をつくる。


あなたの2つの願望
◆外面的願望(子音数 6)
美しくありたい、平和でありたい、恋をしたい、所有したい
◆内面的願望(母音数 11)
理想を実現したい、能力を限りなく発揮したい


簡易性格判断
◆名前の最初の子音
T(やさしい性格。柔和さの持ち主)
◆名前の最初の母音
O(おおらかで思いやりがある。自己の信念に堅い)


性格や能力の傾向
◆右脳型(直観的)か左脳型(論理的)か
4 : 9 -- 左脳型
◆行動型か思索型か
4 : 9 -- 思索型
◆熱中型か分散型か
6 : 7 -- どちらかといえば分散型
************************************************************

だそうです。

まず一つ突っ込みたいこと。
いちばん最後の「性格や能力の傾向」。
なんで足して10じゃないんですか。
足して13てどゆことなんですか。結構割合的にわかりにくい。
割合に忠実にやったんやろか。
それとも10の人よりは全体的なバイタリティが多いってことですか。

でもこれ当たってるんですかどうですか。
色変えてみたところとか自分で結構引いたんやけど。
優雅、とか聡明、とかはまぁそりゃ憧れますけど(爆)


まぁ占いのいいとこは当たってても外れてても
それなりにおもろいってとこだと思います。
あ、でも「精神に光を投げる自由人」てのはなんか素敵。

やっぱいちばん当たってたのは山の手線かしら。
とにかく周りからの反応が凄かった。
自分的にはずっと昔non-noでやった色占いなんだけどな。
(菅野美穂と一緒になって嬉しかっただけかもしれん)

恋愛成績表とか今やったらどーなるんだろな。
またやってみっか。
因みに前の結果は周りの最低ランク「にわとり」を
見事に打ち破っての「ゴキブリ」だったYO。
にわとり達にすら、「ゴキブリって…動物ですらないんや」と
白い眼で見られたものです。

  1. 2005/04/30(土) 20:27:35|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

春色彷徨。

200504231947542

いやはや最近お昼は暖かくて気持ちがいいねぇ。
あーいうタマゴ色の陽射しが照ると、
あーーこの子いつもは情けなくてやせっぽちで使い古しのぬいぐるみみたいだけど
ゴールデンだったんだなぁ、ということを否応なく確認させられるほど
毛並みがその名前の通り柔らかい金色に光ってかーわいいです(爆)
そう、今はサマーカットしてるからラブラドールの成犬の手前って感じだけど
(ショボい体型は生まれつきです、もうえぇ中年やのに…泣)
まぎれもなくゴールデンです。
頭が尖がってるのは…知らない!


…とまぁ全く絵にならないのはわかってるのに
ついついそのぽかぽかとろーーんとした毛並みの発色を写真に収めたくなっちゃうほど
気持ちのいい昼間が続いておりますね。

昨日はこの子と二人久しぶりに朝の散歩に行ったんだけど、
いやはや世の中陽射しが明るいと色々なものが見えてくるものです。
暗い時には意識しにくい足元や遠くの山にまで眼が行きます。

ポピーの透けるようなオレンジ。
パンジーの濃密なバイオレット、イエロー、ホワイト。
チューリップの華やかなピンクレッド。
たんぽぽの眩しいイエロー。
名前もわからないような雑草がつけたささやかな花の、可愛らしい色達。
多分今年初めての、ちょうちょも見た。
殆ど感じられないような微かな風、空気の流れを捉まえて
さりげなく乗っかったような、優雅な羽の動きだった。


そしてハッとさせられるのが山の緑たち。
なんというか…ほんとこの季節は花もやけど、色々な緑が観れるよねぇ。
樹としての緑でなくて、色としての緑。
乳白色に緑を混ぜたようなものもあれば、
触れた時の柔らかさがそのまま滲み出たような黄味を帯びたもの、
色は優しいのにもう既に夏へ向けて
厚みを手に入れて、陽射しを艶々と照り返しているもの、
冬の針葉樹のような深い色なのに瑞々しさで溢れているもの。
そんな緑たちが一斉に太陽に向かって葉を広げるから、
いつもより山が大きく、近く見える。


地元一周コースの中に、ダムが見下ろせるスポットがあって、
そこの春の景色にすごい期待して行ったんやけど…やっぱ期待通り。
ダムは青緑の水をたっぷりと湛えて、山々は深い色の影を水面に落として。
そこはばーんと開けてて、電線なんかの遮るものもないから、
大きなパノラマの風景画を見てるみたいで。
そこから大きな風がふうっと吹いてくるみたいやった。
冬には薄くなってた芝も生え茂って、
靴の底を通してそのやわらかさが感じられた。
クローバーは海に浮かぶ小さな島々みたいな模様。
植え込みが一つおきに色違いになってて、
初めてそこに2種類の樹が植えられていたことを知った。

あーー裸足になりたい寝転びたい。
白いワンピースが着たい!


30分くらいで帰ってくる予定だったけど、
実際帰ってみたら小1時間くらい散歩してたみたい。
しゃーねぇわ、春ってそういうもんやもん。
樹や草が葉を伸ばしたり綺麗な花を咲かせたりするみたいに、
たぶやって活動的になるねん。


まぁこの子には季節関係なく「食欲」らしいけど。
草ばっか食べるから無理やり地面から引っぺがしたら
「じゃぁ寝る…」とこの有様↓
(上のは超無理矢理春っぽくしてみた…わざと感溢れすぎ)

20050423194754

  1. 2005/04/23(土) 19:48:06|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

切抜嵌絵。

totoro.jpg

やっと完成しました。1000ピースのトトロパズル。
4ピースほど行方不明ですが。50㎝×75㎝あります。
コレいつから始めたんだっけ?2ヶ月前くらいからかな?
でもまぁ毎回毎回やってたわけではないから
1回2.5時間×10日って感じで25時間くらいで完成、というところかな。
二人がかりなので決して早いペースではないですが。

にしてもパズルなんてほんとに久しぶり。
中学校の時の修学旅行で行ったオランダ村でエッシャーのだまし絵のを
買ってやった以来。
1000ピースに至っては初めての挑戦だし。

まぁなんつーても場所が必要なわけです。
ほいでサイズも大きくなれば意外と値段も張るし。
楽しいは楽しいんやけど、完成させるだけで、特に利用用途もないようなもんに
こんだけお金かけてえぇのんやろか、とまず思ってしまいます。
まぁ繰り返しできなくはないけど、
一度やってしまうと意外とコツが掴めたりして、
やっぱり初めてやる時のような難解さ、みたいのは失われてしまうし。
飾るにしたってパネルがこれまた高いんやーー。

というわけで結構贅沢な愉しみなんかな、という気がしてます。
お金も場所も時間も必要だし、何しろそれだけのことをやろう、という
精神的余裕が必要やからね。
体力はあんまり使わないけど、
(あ、でもパズルに接近して見たいがために
アクロバティックな体勢を取ることはあります)
集中力は使うし、論理的思考力みたいのも使うので、
一段落すると結構すっきりとした疲れみたいのがあります。
何気に就職活動中のお遊びにはもってこい、かもしれん。
完成までの日数を考えればお金もそれほどかからないし、
(不覚にも本気になって2日で完成させてしまった場合とかは知らないけど)
身体は疲れないけど頭は使うから、思考力訓練にもなりそうやし、
(まぁ具体的に就職活動に活かせるかは知らないよ?)
リフレッシュにもなる。

スランプがあるとしんどいけど、
それは二人でやる醍醐味、というか相手が黙々とやってる姿や、
「お、コレこんなとこにはまったわ」とか言ってるのを見てると
こっちも負けてられんと俄然やる気になるっつーーか。

まぁトトロやしピースも欠けてるしってことで
飾ることもなく普通にバラしてしまったわけだが。
まーまた老後のためにでも取っといたらえぇんちゃうかな。

次にやる新しいのを買おうと思ったら
専門店や数揃えてるお店があんまないみたいで、
ネットで取り寄せるか、ということになり、
それまでのつなぎ、ということで
ラピュタの「天空の城」の500ピースを買いました。
が既に城の部分はできちまいました。
あとは森&雲&空&白枠… orz
まぁでも500だとかなり楽です。
次は中島美嘉じゃないけど名画の「オフィーリア」「モナリザ」「接吻」がやりたーーい。
ってかなんでダリのパズルないねん!

でも世の中には1万ピースとかのものもあるみたいですよ。
値段も当然相当します。
ひーーーー。おそろし。
しかしいつかやってみたいなぁ。
はーー贅沢。
  1. 2005/04/20(水) 20:15:04|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜舞風。

日曜ぐらいからとうとう桜も本格的に散り始めたって感じですね。
えぇ要するにまた桜噺なんですけどね。

風は殆どないのに、空気がちょっと動くだけで
桜の花びらがひらりひらりと散って、
それが路上に出ると車の小さな乱気流でなめらかな弧を描いて飛んでいって、
ほんま美しかったです。
キャッチするの難しかったけど、
どうにか一枚花びらをキャッチして、食べてやりました。
なんとなくやけど。
たまにやるんです。花びらとか雪とかおもむろに。
まぁ記憶は薄れるものですから。
来年は同じ樹だけれど違う花が咲き、違う表情を見せるわけで。
だからこの景色を記憶に留めたい、焼きつけたい、と願うんだけども、
…忘れるんですな、これが。
こんな風に文章にして残しておくのも
そのための一つの記録、あるいは再現の方法なんだけれど。
まぁ何を思ったか食べてみました。
細胞レベルで本能的に憶えておきたい、と思ったか、というとそうでもないんやけど
まぁそんな感覚やったのではないか、と。
花びらキャッチに没頭し、やっと捕まえた一枚をじーっと見つめること数秒、
その後ほんまおもむろにぱくっといきましたから。
何のこっちゃらです。
因みに食べれないことはないですよ。
まぁでも草的な、青々とした味がしますけど。


ほいで、春、といえばあやの嬢の季節です。
4/20は個人的に邦楽リリースラッシュなんですが、
あやの嬢もその日に約2年ぶりにオリジナル曲を出します。
その名も「春風」。キタキター、直球でキタYO!!
でもほんと春にあやのちんの曲を聴ける、というのは嬉しいことです。

春休みに入って、いきなりあったかくなる日があるっしょ?
そんな日があるとたぶは毎年、一日中予定を入れずに家にいて、
あやのちんの曲を聴きながら、気の向くままに部屋を掃除したり、
冬物でもう着なさそうなもの、あったかくなったらすぐ着たいものをまとめて洗濯します。
春ってそういう季節やんね。冬眠してた本能が目覚めて突然活動的になる。
そしてクライマックスは庭で犬と日向ぼっこしながらしゃぼん玉。
ぽかぽか、とろーん、ふわふわ、な感じがあやのちんの音楽と
非常に良くマッチするのです。
あとほど良いPOP感も、春が待ち遠しい気分にぴったり。
こんな感じで独りつじ祭りをするのが毎年の春前の恒例となっております。

まぁだから桜も散って若葉が芽生えて、春もたけなわ、という頃よりは、
個人的に春を発見した時に、
ひっそりわくわくうふうふしながら聴くのがいちばんなんやけどもね。
まぁでもこの際細かい微妙な時期についてはなんだっていいのではないですか。

なんてったって「春につじが聴ける」。
しかも久々の新曲!

これはもうあやのちん万歳!な人々にとってはちょっと具合が違うと思います。
もう、独り祭ってる場合ではないぞ、ぐらいの勢いかもしれません。


で、まぁPV観たんやけどね。こりゃもぅ危険。
あやのちんが仲良くうささん達と戯れてるYO…萌え。
というのは少し置いといて、これ、キラーチューンやで。
♪はるっかぜーに~♪
というサビの頭だけでかなりルンルン気分になれます。
わーーい。あやのちんワッショイ。

なんかやっぱあやのちんはあやのちんのままで、嬉しかっただす。
自分の好きなものを本当に大事にして、自信を持ってるな、と。
だいぶ前雑誌で、
「彼女は欲張らないのではない、本当に大事なものだけを守りたいのだ」
みたいな風に書かれていたけど、まさにソレ。
主張しないんだけど、我はしっかり持ってるから結局は何をやっても「つじ」色。
カバーアルバムを聴いても、彼女がそれらの曲を本当に大事に思ってるのがわかるし、
原曲と比べて違和感を持ってしまうようなアレンジではないんだけど、
結局は「やっぱあやのちゃんやわ~」とうならされてしまっただす。
そんなんだから、チャートでぱっとする存在ではなくても
色んなプロデューサーやアーティストから愛されて、
たぶがあやのちんの音楽と出会って5、6年、変わらずやってこれてるんだろな、
と思うわけです。
そういうわけで、なかなか女性としても素敵な人だと思うので、
実際は顔や雰囲気は全然違うんやけど、
色白眼鏡のショートカット、という理由だけで
「つじあやのに似てる」と言われると
イメージ先行やなぁとなっかりする一方で、非常に嬉しかったりします。えへへ。

余談ですけどHMVの大画面で「春風」PV観たとき、
なんかこの子は表で活動することがなくなっても
CMソングとか作って生き残っていけそうや、と思っただす。
まぁあやのちゃんがそんなことするとも思えないけど。
ただあまりにPOPで、PV構成もほんわかしてて、
シャンプーとか洗剤のCMとかえぇんちゃうの、とか。
因みに伊右衛門とシャンプーfinoのCMが好き。
ってか宮沢りえが好き。
毎朝finoのCMソングで目覚めとります。
「アミノ式」のCMソング作った人らしく。
どう、めっちゃPOPやろ?つじもいけそうやろ?
  1. 2005/04/18(月) 22:14:40|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雷華。

宇宙船ソユーズがドッキング成功したね。
ソユーズとは「結合」とか「同盟」という意味なんだと。

ところでこのブログのたぶのアカウントである"sputniksweetheart"は
察しのいい人ならお気づきでしょうが、
村上春樹さんの著作である「スプートニクの恋人」から勝手にいただいてます。
ただ春樹さんの小説の中でいちばん好きってだけなんやけど。
もー10回は軽く読んだで。
毎年年越し・年明けの瞬間を一緒に迎えてます。

で、このスプートニクも宇宙船ではないけど、世界初の人工衛星の名前。
そもそもこの小説にスプートニクが出てくるきっかけは、
登場人物が文化の流れ(?)のビートニクと、スプートニクを間違える、
というところなんだけど。
このスプートニクとは「旅の道連れ」とかいう意味らしい。



何故一定の軌道をひとりぼっちでぐるぐる廻り続ける孤独な鉄の塊に
「旅の道連れ」なんて意味の名前をつけたのだろう?



というようなことに小説の登場人物は思いを馳せます。
もちろんたぶも。
そしてこのスプートニクの「孤独さ」が
作中では人生というか、人と人との触合い、などに重ねられます。
そこの一節が非常に好きなんです。


スプートニク2号には、ライカという名前の犬が乗せられ、
宇宙空間に出た初の生命体となった一方で、
人工衛星が回収されなかったために宇宙開発実験における初の犠牲ともなった、
というエピソードがあります。


そういえばこの小説が出たのが高校生の時だったんだけど、
美術の授業で絵本を作る、というのがあって、
このライカを題材に絵本を作ろうとしたんだけど、
なんだか哲学的すぎて、結局断念したことがある。

事前に訓練を受けてたとは言うけど、
誰がライカの孤独を理解できるだろう?
(孤独を理解しようとするのがそもそもの間違いかもしれんが)
宇宙空間へ出てライカは何を考えただろう?
そもそもそこが宇宙だということがわかってたんだろうか?
「宇宙」という言葉の意味や概念はわからなくても、
いつもの頭上高くにある青い空の、そのまたずっと向こうだということが?
とか色々考えて、
死に際に何を思ったかに至ってはますますわからなくて、
結局ラストもどう結んでいいのかわからなくて、やめた。
ライカがどんな犬なのかわからなかった、というのもあったけど
(個人的な、いや個犬的な?名前だとする説と犬種だとする説とあるし)
小さな哲学的宇宙に投げ出されて、どうしようもなかった、
というのが主な理由です。
でも今思えば、たぶがライカに関する哲学的宇宙で感じた
「どうしようもない」というのが宇宙空間でのライカの心境に
いちばん近かったのかもしれないな、と。
意外ときょとーーん、としてて驚きや苦痛、なんてものは感じなかったのかも。
いや、感じることができなかったというか。

結構最近になって、スプートニク打ち上げ数時間後にライカは死んでいた、
という報道があったらしい。

…なんだかな。

そういえばこの「スプートニクの恋人」は
たぶが家族以外から初めてもらった本でもあります。
周りの人に誕生日何かあげよかーとか言われると、
たぶは何かと「本が欲しい」と言ってたのですが、
言われた人からすると
そんな安物でいいの?とか
本屋で探すのがめんどくさい、とか
図書券でいい?とか、そういう認識のようで。

誕生日とか、記念日に本を贈る、もらうっての
たぶ的になかなかいいと思うんやけどなー。
だってその本の物語と、記念日の思い出と、
その本をくれた人との思い出が重なり合ってどれもきっと忘れへんやん。
重なり合って、自分だけの物語ができるわけやん。
…それって、素敵じゃない?
というのは少々ロマンチスト気味ですか。別に好きな人に限らず、ですけど。
まぁこのへんが今までブログ公開してなかった理由でもあるわけなんだが。
  1. 2005/04/17(日) 22:11:22|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春の戯れ。

20050417005704.jpg

また桜の話ばっかですいません。
ほんま大好きやねん、桜。

今日は会社説明会なども含めて3つも予定があったのに、
うちの困ったさんが昨夜発作を起こしまして、
(しかも翌日の分の夜ご飯を作り終えた直後に)
昨日今日の夜までと誰も家にいないので、たぶが付き添うことになっちゃいました。
なんやこれなら今日ゆっくり夕方くらいから夜ご飯作れたやんけ。
などとぼやいたところで自称王子のビバさんが
「ごめんネ☆」
などと可愛く謝ったりするわけもなく、
昨日の発作など嘘のように、外に出してくれと言ったり、
外に出たと思ったら陽射しが熱いから中に入れろと言ったりと、
我侭っぷりに磨きをかけることに暇がないのでした。


で、昨日寒くなってから散歩したのが
発作の一要因だったりするのかなーとか思ったりもしたので
今日は大分早めに散歩に出かけました。

したらあれですなーーやっぱ桜綺麗ですなーー(またかよ)。
公園の脇に遊歩道みたいなのがあるねんけど、
そこは見事に桜色のトンネルでした。
いい色合いで写メールを撮るのに必死になってたら、
ある一本の樹から風もないのにはらはらと花びらが降り落ちているのに気づいて。
近づいてみると、チュピチュピって鳥の声が聴こえて。
どうやらスズメが三羽ほどその樹に留まっていて、
枝へと飛び移る度にその羽ばたきや僅かな枝の揺れのせいで
花びらが落ちてきているらしい。
いやー綺麗やな、なんかちょっちリッチな気分やで、とか思いつつ
その樹の下にしばし立ち止まってたら、なんかたまに花も降ってくるねん。
楓の実(やっけ?)みたいにくるくる回転しながら。
あれあれ、とそれをキャッチして見てみたら、
額のとこからじゃなくて、そのもうちょっと下の枝の部分から
切り取られたような感じで。
あれあれ?花を食べ損なった?とびっくり考える間にも
桜の花がふわふわ降りてきて、
なんか条件反射でいっぱいキャッチしてしまった。
あ、そか、もしかしたら花じゃなく花の下から出てきた新芽を食べてるのかな、と
ようやっと気づいて。
ほぉーぅ、そっかそっか、とその後もしばらく
花&花びらキャッチに没頭しました。

したらそのへんの犬が何かの拍子にわんわんと吠えまくり、
それにびっくりしてスズメ達はどっかに行ってしまいました。
あーーぁ。

いやーでも貴重な体験というか、なんつーかラッキーというか。
棚からぼたもち?
残り物には福がある?
貧相な語彙ですいません。これでも必死です。
スズメ達のご飯タイムに偶然居合わせたことで、
おこぼれをいただいて、えぇ思いさせてもらいました。


因みにたぶがキャッチしまくってる間、
昨日と同じく下で草やら花びらを食べまくってた人↓。
まぁ遠くから見てたら異様やけどもえぇコンビであったに違いない。

20050416185103

  1. 2005/04/16(土) 18:51:03|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

輪舞。


近鉄名古屋駅特急発車メロディ


こんなもの↑見つけてしまいました。
この前「どうしようもなく、くる」と言ってた「ドナウ河のさざなみ」が
近鉄名古屋駅では発車メロディとして使われてるんだとか。
実際に録音したものが聴けます。

ってかたぶこんな駅無理なんやけどーー!!
こんなん特急乗るたびに何かが胸にこみ上げてきて
別れる相手もいないのに窓がーーっと押し上げて
目尻に涙光らせながらハンカチを振って「さよぅならぁ~」って
やってしまうと思う。

まぁなんでこんなもん見つけたかというと、
この曲を弾くにあたってお手本音源みたいなものはないかなぁ、と
検索しておったわけです。
中級レベルの曲だから楽譜を読むのはそこまで難しくないけど、
たぶの力量では左手の「ずんちゃっちゃ」が
どうしても醜く目立ってしまいがちです。
それにめっちゃ情緒豊かな、というか哀愁をたっぷり含んだ曲なので
それを表現するのが難しい。
自分の思い入れも強いだけに。

それにしてもワルツと車輪、というのは相性がいいね。
映画「岸辺の二人」でも自転車と「ドナウ河のさざなみ」、
名古屋駅でも列車と「ドナウ河のさざなみ」、
映画「21世紀宇宙の旅」でも
円形宇宙ステーションの回転と「美しく青きドナウ」。
そしてどこか運命的で象徴的なものを含意してるような。
別れ、旅立ち、始まり、発芽、繰り返し。
大きく言ってしまえば輪廻のようなもの。
結局はすべてがそこに含まれているんだけれど、
宿命からは逃れられない皮肉や切なさ、
けれどそこに見出す美学、とか。


まぁ何を言ってるのやら、って感じですが。
たぶもよぅわからんよ。
とにかく、何しろワルツは素敵さ、ということで。
  1. 2005/04/16(土) 13:03:50|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜夢夜。

cherry.png


今日も夜桜見物できました。かすんで輪郭を無くした朧月と一緒に。
うちの困ったさんは足元で草ぼりぼり食べてました。
やっぱ飼い主に似るんや、ってか飼い主あってこそやろ、
と突っ込まれました。ほっとけーー。

それにしても今年桜長いよね?
雨も風もそれなりにあった気がするんやけど
なかなか長いなーと。

去年は三月の終わりに体調を崩して家から一歩も出られなかったので
体調戻って外に出てみると、記憶の中では何もなかった通りが
桜とその花びらでむせ返るみたいやった。
でもその後すぐに散ってしまって。
ほんまに一炊の夢、短い命、という感じだったのをよく覚えてます。
何しろほぇ~~っと満開の桜に圧倒されて、
何が何だか、っていう気分が冷めやらぬうちに
それがまた見事に消え去ってしまったわけだから。

すげー儚くて切なくて、別の日記にひっそりと
桜に寄せての随想のようなものを書いたことを思い出した。
あれから一年。
異常気象で通りの桜が秋にも花開いたのはいつだっけか。


因みに写真は10日ほど前、世の中ではちらほら桜が咲き始め、
地元はまだまだ、って頃のもの。
犬と散歩に出かけたら、桜のない通りの脇に、
綺麗なままの桜が一輪(?)落ちてました。
何でこんなとこに、って不思議で、
で何でまた自分もこんな小さいもの見つけたんやろ、って不思議で
思わず大事に持って帰りました。


こんな風に桜や桜への思い、ぽかぽかとした陽射しを楽しめるのも束の間、
若葉が顔を覗かせたと思ったらすぐに艶々とした緑が葉を広げ始めて、
陽射しは眩しいギラギラへと移ろっていくのでしょうな。

ほんま薄紅の雪みたいで、大好き。
  1. 2005/04/15(金) 23:46:36|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キタ。

piano.png


昨日下書きで保存してた分に文章と写真加えてアップしようとしたら
うまく繋がらずアボーンしますたよ。

嗚呼もぅ……orz

「大惨事。」というタイトルで、
①朝起きたらうちの犬がテーブルの上のきな粉もちのパックをぶちまけてて、
 床がきな粉まみれ&中敷の竹の皮の引き千切られた繊維まみれになってたこと
②面接なのにおろしたてのストッキングの親指部分に穴が空いて伝線、
 しかも時間ギリギリやったから乗り換えの時間縫って新たに購入し、
 訪問先の最寄のバス停降りた近くのお店のトイレでなんとか履きかえるという
 ハードスケジュールやったんやけども、
 履き替えたGUNZEの釈さんが宣伝してるやつが意外に良かったこと
③部分用ビューラーのゴムが行方不明になってどうしても見つからず、
 (ポーチの中でのできごとやのに)
 買いに行ってもどーしても見つからず、
 同じ幅の普通用のをはさみで切って使う羽目になったこと
ということを書きましたです。
あんなにたくさん書いたのに…もう一度 orz


今日は楽譜を買いました。就活本ではなく。
1ヶ月前に観た「岸辺の二人」という8分間のアニメ映画のバックでずっと流れていて、
もうそれがなんというかすごいくるねん。
たった8分やのに、セリフもないのに、
ただただ何十年も同じことを繰り返す女の子の映像と、
ピアノやアコーディオンで繰り返される短調の三拍子の曲が
すごいくるねん。
良く耳にする曲で、
調べたら「ドナウ河のさざなみ」というクラシックのピアノ曲でした。
初~中級くらいの曲らしく。
もしかしたら家に楽譜あるかとも思ったけどなかった。
全音のピース楽譜ではなくて、探してるうちに
どうやらドレミ楽譜出版が好んで名曲集とかに収録してるらしいことに気付いたんやけど、
音符がでかすぎたりだとか、
収録されてる曲が自分の持ってる楽譜と大半被ってたりだとかして。
で、やっとコレ!というシリーズを見つけたんやけど
その「ドナウ河のさざなみ」が収録されてる巻だけがなく。
うそーーー… orz
となってるところに「前失礼しまーーーす」と
手際よく在庫を足していく作業服のおじさん。
よくよく見てみるとおじさんが手にしているのはドレミ楽譜出版のものばかりではないか!
コレはもしかしたらもしかしたら…

おじさんの手元を凝視するたぶ。
そんな視線には気づかず黙々と楽譜を並べていくおじさん。


キターーーーー(°∀°)


ごめんおじさんせっかく入れてくれたけど
たぶ0.5秒で取ってもーーたわーーごめーーん。


さっそく時間を見つけて弾いてみるとします。
  1. 2005/04/15(金) 02:26:02|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バイオレット。

15.png


ナイトモードで撮った車内。
なんかこんな風になりました。

夜の水族館みたいっしょ。
って行ったことないけどね。イメージとして。

まぁソフトめのサイバー&トランスっぽくもあるけどな(爆)
  1. 2005/04/12(火) 00:12:51|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花より団子。

sakura.png


たこ焼きがうまいんです。
道の駅いながわの向かいのローソンの隣のたこ焼き屋さんのたこ焼きが。
マッチョでむちむちのおじちゃんがやってます。
午後四時からで、不定休(多分)。
3時50分に行っても「4時からなんで」とバッサリ。注文も聞いてくれやしません。
夕方に行くと真剣にドラマの再放送を見ています。

そんなあんたやる気あるんか、なおじさんなんだけど、
たこ焼きはめっちゃうまい。
とろけるねん。
ふわふわ。
チーズたこ焼きはほんとにオススメ。
たぶが「たこ焼き食べたーーい!」という時は、たいていの場合
世間一般に言うたこ焼きのことではありません。
「やる気なしマッチョおじさんのたこ焼き」なのでよろしく。
ほんま癖になります。
今日は久々だったので幸せでした。やっばコレよね、おっちゃん!!

車のある人は、是非。


ほいでその後すべり込みセーフで花見行ってきました。
でももーお腹いっぱいで結構どーでも良かったです。
ぐーだらしてました。
最後の最後、この↑写メール撮るためにやっとこさ外出たけど、
「寒」
って5分くらいで戻ってきてしまった。
…最悪やな自分。情緒なさすぎやわ。
でも桜儚すぎて、なかなか暗闇で見るの大変やねん。
と言い訳。
でも花見っぽいことできて良かった。
毎年花見花見言うばっかで時期を逃してしまいがちやからね。

因みにたこ焼きの写メールはありません。
撮ろうと思ってたんだけど気がついたら食べちゃってました。
…誰も何も言わんといてくれ。


もうちょっと桜の季節だけど、それが終わったらもう夏やんねぇ!
…気が早い?
年明けたら「さぁ春やでー」って思う人やからのん…

とまぁラジオで
スキマスイッチの「全力少年」と
HYの「ホワイトビーチ」を聴いて、初夏の匂いを感じたのでした。
  1. 2005/04/11(月) 23:38:28|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

就活の友。

lion.png



レイアウト能力なくてすみません。

就活の友。
とか書きましたが就活の話ではないです。
はい、全く。
友の話です。
フレンド。
コンパニオン。
スプートニク。
ビートニクではないですよ(わかりにくいネタ…)。

このへちゃけたらいおんグッズがそれです。
どうです、凄いでしょう。
やりすぎ感ムンムンでしょう、フフン。

このへちゃけたらいおんは、最近流行のへたれ系とか癒し系とか
ヘタウマ系のキャラとは違いまして。
もともと「ラチとらいおん」というハンガリーの絵本。
弱虫のラチという男の子のところに、
ぬいぐるみみたいに小さくてかわいいんだけど、
勇敢で強いらいおんが現れて…というお話。
らいおんが「~したまえ」って口調でしゃべってかわいいねん。
昔から家にあって、お気に入りの1冊。


ほいで遡って去年の9月。
ふら~~っと入った雑貨屋さんで眼に入ったのは
このらいおんが表紙の10月始まりの手帳たち。

買うしかない。
でもウィークリーとマンスリーと大きめサイズと3種類もあるよ…

迷いに迷ってその中から1冊だけ厳選して買いましたよ。

でもその約3日後、自分は全種類を買い占めていたのでした。
「全てご自宅用ですか?」
「はい」
確か全部で8冊くらいやったと思う。
さすがに自分では使えないし、手帳だからとっといても…って感じだったので
その中からさらに2冊を厳選し、1冊は楽しい予定用、
1冊は学校やテストなどの嫌な予定用、もう1冊は就活用、と決めて
後は妹、母親、彼氏さんにあげました。
半ば押し付けるような感じだったけど、みんなそれなりに喜んでた。

それからの自分は凄いです。
12月に壁掛けカレンダーを見つけたんだけど、それも即決で買い。
それから4月にかけてTシャツやステーショナリーが発売されたけど
それも殆ど即&まとめ買い。
「ご自宅用でよろしいですか」
「はい」

なんていうか、グッズを見つけて「あっ☆」と思ってから
レジまで行く間の記憶がないんよね。
で、帰りは凄く満ち足りているんよね。
もうどうしようもない吸引力とかだろうね、これは。

"人生においてはそのような類のどうしようもないことが
しばしばあるものなのだ"

でもさすがに4月始まりの手帳は踏みとどまってます。
でも裏表紙見る度にレジに走りたくなる。
らいおんが「のーー」って顔して寝っころがってるねん。萌える。
  1. 2005/04/09(土) 21:52:12|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

良い買い物。

superstar.png


今日久々にSILASに行ってきました。
なんかもう我慢できなかったとです。
春ってなんだか本能的に活動的になるし、
服も明るい色が多くて可愛いし、長いこと買い物行ってなかったから余計に。

就職活動中だからむしろスーツが普段着やろ、とかいう突っ込みは無用。
というか承知の上ですから。
いいねん、今買って夏にも着るから。
むしろ部屋でも着るから!
…まぁ息抜きというか気分転換というか。必要やん。
お金が異様にかかるんですけどね。


で、SILASに行ったわけなんです。
雑誌でワンピース見て、ああもうワンピース出てるんや、
ワンピースかわえぇな、他のもかわえぇんやろな、という感じで。
意外にワンピース好きな自分。
行ったらその雑誌に載ってたワンピースもあって、
でもその隣にカットソー素材のもうちょっと安いワンピースがあって。
でもこれなーーデザイン普通やしな。
ってか同じような形のグレーの持ってるわ。

って思ったんやけど。

よくよく見たら2wayやった。

自分●wayもんが大好きで。
というかアホやから「その服の値段÷●way」をしてお得感感じてしまうねん。

今回もそれでテンション上がってもーてさ。
しかも2つめの着方するとサスペンダーつけてるみたいになるねん。
紐好きでもある自分。
で、試着してみたら、ゆったり着るものかと思ってたのが
超美シルエットでさ。ぴったり。
裾がちょっとつまんであるデザインなんだけど
そこから片方だけ膝がちょこっと見えてこれまたいい具合やねん。

もう一つのワンピースも試着させてもらったけど、
cloudy superstarの紐ワンピには勝てんかったわ。
アホっぽいけど、ってかアホやから言うてまうけど、
ほんまコレ自分のために作られたんかと思うくらいぴったりでびっくりした。
とか言って、そうでもないやんけ、とか思われたりして。
まぁサイズはほんまにぴったりで、
デザインもシンプル且つディテールがきいてて、
女の子らしすぎずカジュアルすぎず、というところが
自分の好みにぴったりだったわけなんですな。


というわけでお買い上げしまして、
駅までは本当にニヤニヤしてましたよ。
しゃーーないよ、嬉しいんやもん。

ほいで帰って独りファッションショーしたらさ。
2wayどころじゃなかった。
内側にも紐がついてて、それを襟元や袖からたらしたり、
首の後ろで結んでホルターみたいに見せたり、
他にも紐の引っ張り具合でチュニックみたいな丈にもできることを発見。
写真では紐の状態とか全くわからんけど。
わーわーわーえぇ買いもんしてもーたわ、ほんまに。

cloudy最高。
SILAS最高。

「就職活動の気分転換にまた来て下さいね」と
ショップのお姉さんに言われたから本当にまた行っちゃうぞ。
  1. 2005/04/09(土) 01:57:26|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日記書きます。


初の公開ブログします。
今までも人知れず書いていたりしたんだけどさ。

ただこの前初めてスニーカーじゃない靴買ってんけど、
そん時色々自分なりにこだわりがあって、
いやーー靴一つでも色々自分、つぅもんがわかるもんだな、と。
そいじゃブログ頻繁に書いてる人なんか
もしかしたらそのエントリー読み返すだけで
自己分析できてしまうんじゃないか、と。
えぇな、と。

で、ちょっとブログまた書いてみよーかなーーとか思ってたところ、
今日は気分転換に買い物に行きまして。
非常にいい買い物しちゃったんです。
で、写メールとか撮ったんです。
写メール撮ったし、なんかそれにコメントとかつけて残したくなった。
それだけ。

結局就職活動と関係あるのかないのか。
…ないです。
就職活動中に出会った楽しいこと・良いもの達だけを
このブログに残していくと決めました。

えぇよね。そうゆうのも。
ってか就職活動の日記はリクナビでつけてるから。
それをまたここに書く必要もないし。

ってわけで日記、つぅかブログ始めます。
  1. 2005/04/09(土) 01:40:07|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。