たぶ噺。

たぶがちょこちょこしゃべります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

I'll never be...

…卒業式をサボってしまいました。
体調が良くなかったってのもあったんだけど、
なんか卒業「式」ってのがあんまりピンと来ないのもあって、休んでしまったよ。
実は人生二度目です。小学校の卒業式も行ってない。
ちなみに妹は高校の卒業式に行ってない。
自分は高校の卒業式は、後で大嫌いな担任と対マンせなあかんのが死ぬほど嫌で
仕方なく出た覚えがあります。

家風なのか何なのかよくわからないけど、
自分は「節目」に何か全体でイベントごとをするということに
非常に違和感を感じる人間です。
「成人式」をとっても、自分の場合は特に、成人の日には未成年なわけだし、
成人したからと言って今の世の中世間での扱われ方が変わったり、
ということもないわけだし。
「卒業式」をとっても、もう授業は終了していて、単位も揃っているんだから、
なんだかなぁ、という感じで。
どちらの場合も自分の意識が変化する、というのはあるだろうし、
自分でも多少そういうのはあるけれど、
それは個人的なものなんだから、なおさら式に参加する必要性っていうのが
わからなくなってくる。

もちろん建物やら人やら、思い入れはあるんだけども、
それもやっぱり個人的なものだしなぁ、
個人的に「さよなら」・「お世話になりました」ってできればいいんじゃないの、
と思ってしまいます。
どうも帰属意識というのが極端に薄いらしい。

それに「節目」や「終わり」と区切ったって、
あるようでないようなものだと思うのです。
例えば付き合ってた人と別れたりだとか、大事な人が死んでしまったりだとか、
別れた・死んでしまったその次の瞬間から
その人の存在やその人への気持ちがなくなるわけではない。
でも知らない間に別れを受け入れられていたり、誰かを許せていたり。
一つ歳を重ねたところでこれといった変化があるわけではない。
けど誕生日が過ぎていたって、おめでとうを言われれば嬉しい(ありがとう!)。
気づかない間に、嫌でも子供じゃなくなっているのも、そう。
卒業したって、4月3日までは、気持ちを引き締めつつも、
学生として過ごしてしまうのでしょう。


人生っていうと大袈裟だけど、そういえばそんなものだな、と
もう随分前に、「終わり」らしい終わり方をしない村上春樹の小説を読んでいて
気づいたのでした。

でもだからって投げやりに生きているとか、
節目を大事にしないとか、そういうのではないのよ。
世の中で決められた節目には関係なく、
自分なりに、自分のやり方で節目とか別れとか、大切にしているつもりです。
その割りにおまえさん付き合い悪りーーよ、と突っ込まれそうですが、
それでも、えぇ、大事に思ってますから!ほんとだよー。
付き合い悪くても、愛情が薄くても。


年末からよくラジオやテレビ番組で流れていて印象に残っている、
James Bluntの「You're beautiful」という曲があるんですけども。
トリノ銀メダルのステファン・ランビールもエキシビションに使ってた。
繰り返される"You're beautiful"のフレーズと、
弧を描く彼の叙情的な滑りが調和していて、素敵だった。
そのサビの最後に
「I'll never be with you」とあって。
最初歌詞を知らずに聴いてたもんだから、
「僕ら今こうして一緒にいるけど、きっといつかは離れてしまうんだろうね」
って感じなんだと思って、うわ切ねーーー、なんて思ったりしたんだけど、
(洋楽のラブソングは結構素直に聴ける方です)
実はそうではなく。
地下鉄で昔の彼女を見かけ、
「やっぱり君は綺麗だね、でも僕らがまた一緒に居られるなんてことは
決してないだろう」
という感じの歌らしいです。
でも最初の印象と、PVの印象とで、歌詞の本当の意味をしった今でも、
最後の「I'll never be with you」が際立って聴こえてしまう。
ビデオは至ってシンプルで、
James Bluntが歌いながら身に着けているものを一つ一つ外していって、
最後はジーンズ一枚になって海に飛び込んでしまう、というのを
殆ど定点から撮影したものなんだけど、
間奏の時に目の前に並べた靴やらリングやらにちょっとずつ触れて整える、
っていう仕草が愛おしくて愛おしくて。

なんか、真っ白な死のイメージ、のような。
大切なものや思い出を並べて、愛おしそうに眺めて、
でも死んでいくその瞬間には自らは空っぽ。
そういう死に方がいいなぁ、と思った。
「またね」と言って、それが最後の別れになってしまう人なんて
いくらでもいるんだろうし、
今繋がっている人達ともいつまで繋がっていられるかなんて
わかったもんじゃないけど、
最後には、そういう人達や、もう会うことのなかった人との思い出や、
楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったことや
それらを忘れてしまったということさえも一つひとつ愛しく感じて、
一つひとつ感謝できるようでありたい。
そして、死ぬ瞬間には空っぽになって、誰にも波紋を残さずに、消えていく。
そんな死に方ができたら最高。だな。


何やら余計な尾っぽがつきまくったけど、
「節目」に自分なりにこんなことを考えたのであった。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/25(土) 19:29:03|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

大阪どうし。

official ball
なんでサッカーの話題やのにmixiの裏日記じゃないねーーん、
ってただ単にせっかくの画像を使おうと思ったからなのであります、ハイ。
これ、今年のワールドカップの公式球なんです。それのガンバ版。


というわけで、2週間前に開幕しました、Jリーグ。
第2節は早くも大阪ダービー・セレッソ戦ということで、
帰省した妹と母さんと一緒に行ってきました。
もちろん相手がセレッソだからということもあるけど、(天皇杯で負けたしね)
結構好調なチームが多い中で、ガンバは開幕戦は引き分けだったので
ここは是非ともセレッソを下して勝ち点3を奪って
上位に留まり、波に乗って行きたいところ。
(ほんでセレッソはトータルで勝ち点0として下位に追いやっちゃいたい)
欲を言えば、フロンターレが2戦で13得点という快進撃の印象を薄めるためにも
ガンバも6点くらい点入れて欲しいなー
でもセレッソのモリシの活躍も見たい!
先日セレッソの小林監督が「ガンバなんて怖くない」的な発言をしたらしく、
普段は大人しいガンバサポも今回はちょっち好戦的。
セレッソにとっては今季初のホーム戦だったので、
選手入場の時にセレッソピンクとネイビーで「cerezo」の文字とボーダーを
パネルシートを掲げて作る、というイベントが。
しかし、ゴール裏席が端っこまで埋まってないせいで、
cとoの文字がちゃんとできてない…
すかさずガンバサポ「人文字失敗!人文字失敗!!」と野次を飛ばす。
とか色々楽しみが多いんです大阪ダービー。


妹は初観戦で、母さんの盛り上がり具合に引くんじゃないかとか、
いつもの淡々とした調子で「まぁそんなにおもしろいもんでもなかったよ」とか
言ってのけるんじゃないかとか、そんな心配をしておったわけなんやけども、
開始2分でガンバ先制。
「すごいすごいすごいすごいすごおぉーーーーい!!」
あっという間に彼女もガンバの虜。

不思議なことに人って(と一般化していいものかわからないが)
初めて生で観たチームのファンになってしまうんだね。
自分もガンバが好きだが何故、と問われると
いちばん最初に生で観たチームだったから、ってことと
地元のチームなので応援に行けるから、ってことくらいしか思いつかんです。

前半はガンバが攻め続けるも、終了前に追いつかれる、という嫌ーーな展開。
相変わらず新加入のマグノさんは不発だし、
攻めている時に点が取れず、追いつかれてそのまま相手ペース、というのが
ガンバはよくあるのであ゛ーーもぅ!という感じ。

でも加地さんと明神が入ってから採用された4バックは
うまく機能している感じ。
ボランチだったやっと(遠藤)がトップ下になったから
ゴール前まで上がってきてプレイすることもあって、
昨年のアラウージョ&大黒だけじゃない多彩な攻撃が見られてかなりおもしろい。

けど4バックになったことでツネさんはポジションを失いつつあるらしい。
それは仕方ないことなんかなーとも思うんやけど、
このワールドカップイヤーに試合に出られないのって大変なこと。
「不動の宮本」やから代表召集はされそうやけど、
試合勘が鈍ったりなんかの影響があるらしい…ぬー、微妙。


そんなツネさん、加地さんが負傷したことで後半20分、交代出場。
偶然とはいえ、良かったね。

このタイミングでセレッソ側の集中力が切れ気味になったのか、
ガンバの一方的な猛攻が始まる。
結果、フェルが2点追加してハットトリック、
それに刺激を受けたのか、不発だったマグノさんまで
たった5分の間にハットトリック!
何回、きゃーーーー!!という嬌声を発して飛び上がったかわかりません。
最低、6回。

フロンターレが快進撃を見せ、
柳沢・我那覇・ジュニーニョがハットトリック決めてる中で、
ダブルハットトリックだなんて嬉しすぎる。
これでマグノさんも波に乗れるといいねぇ。

次はホームでの大分戦。
妹もすっかりハマってしまったらしく、行くらしいです。
弟はともかく、父さんが完全なはみごにされてしまったのが少し可哀想。
ぐだぐだ言わんと一回行ってみれば良かったのにーー、
しかしもう入り込む隙はなさそうです、残念。女の結束は固いのだ、多分。

  1. 2006/03/14(火) 12:58:43|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

幽白バトン。

ちえさんのおかげで(自分が更新しないせいもあるけど)
このブログは全く「それ系」のブログになってしまっております。
基本的に最近唐突に記憶力が落ちてきているので
「いちばん心に残る」とか言われると、凄くすごーく辛い今日この頃…


幽★遊★白書バトン!!!!
~だてにあの世は見てねえぜ~

■一番好きなキャラクターは誰?

飛影です。
その当時目つきの悪い影のありそうなキャラにハマってました、
こどちゃの羽山とかな。
あと雪菜ちゃん!


■自分を幽白キャラに喩えるなら?あれば理由も

美形のキャラしか頭に浮かばず、それはないからと適当に桑原ってことに
しとこうかとも思ったが、あそこまで五月蠅いキャラでもないわな、と
思った。
樹のような世間離れした人になりたいねぇ。


■原作派?アニメ派?

原作かな。


■暗黒武術会(戸愚呂)編、魔界の扉(仙水)編、魔界編、一番好きなのは?

魔界の扉編がストーリーとしては好きです。
キャラの魅力に富んでいるのは暗黒武術会編だね。


■一番印象に残るシーンは?

幽介と酎のナイフ・デスマッチ。
単純に、いったーーーい!と思いました。

あとは飛影が炎殺黒龍波放って疲れて寝ちゃうとこですな。


■印象に残る名台詞、あればどうぞ

「綺麗な薔薇には棘があるのさ」ってことで。


■一番闘ってみたいキャラクターは?

基本的には闘いたくないです。
ぼたんになって「にゃーん」と猫顔でやり過ごしたいです。
そんなぼたんも映画では頑張っとったけどな。


■数ある主題歌の中で一番好きなのはどれ?

ちえさんに「アンバランスなkissをして」を取られたので
たぶは「微笑みの爆弾」ということにしときます。


■幽白への熱い想いのたけをどうぞ

熱い想い…そのへんは桑原に任そう。
  1. 2006/03/09(木) 22:22:08|
  2. ひとりごと。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。